Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「IT Compliance Reviewスペシャル」連載一覧

63件中46~60件を表示
  • IMG_0318_.gif
    2008/10/07

    継続的な評価の実践に向けて

    J-SOXの適用初年度に突入したが、3月決算企業の中でも対応作業が遅れている企業も少なくないようだ。特に新興市場の会社に内部統制体制の未整備が目立ち、4分の1程度に初年度に重要な欠陥が残ると懸念されている。そして本年度の制度対応に対する一定の目処がついた後、見えてくるのが継続的な取組みについての課題だ。それは例えば、「評価をいかに効率的に実施するか」、「組織変更等の環境変化にいかに柔軟に対応するか」などになる。監査法人トーマツの丸山満彦氏による講演では、継続的な制度対応、評価のポイントなどが説明...

  • IMG_0153_.gif
    2008/10/07

    IT統制後のIT戦略

    企業として内部統制は必要不可欠なものであり、その実現に重要な役割を持っているのがIT統制だ。IT統制はIT組織に新たな課題を与える一方、全社的にITの存在意義を確認するきっかけともなっている。この機会に経営の方向性と合致した情報システム自体を見直す活動を強化し、IT組織自体の役割を明確にしていくことが大切だ。IT統制だけに留まらず、次の段階に踏み出すために、何が必要なのか、どのような事を実行すべきかのポイントを、事例を交えて説明する講演になった。

  • IMG_0045_.gif
    2008/10/07

    ITリスク管理からBCM(事業継続)への道筋を考える

    システム障害、災害、テロなどが相次ぐ中、金融機関のITリスク管理やBCMは、一般企業より進んでおり、先行指標になり得ると言われている。果たしてその通りであろうか。金融業界の現状はどうなっているのか。どのように変化し、進展しているのか。また、特徴、管理のポイント、課題や問題は何か。考査等を通じて金融機関への働き掛けを行っている日銀マンが、これらの状況を取り上げて分析し、持論を披露する。

  • miwa_sum.jpg
    2008/10/07

    今からはじめる、情報セキュリティ対策再構築のすすめ

    企業は今、原材料や燃料費の高騰で早急なコスト削減を迫られている。そのような中、情報セキュリティ対策においては、単純なコストカットだけでなく、レベルを損なわないことが求められる。それには、攻めの対策で知的生産性を向上させなければならない。企業の命運を分けるのは「攻撃的な統合」へ向けたセキュリティ対策の再構築である。企業競争力を持って生き残っていくには、具体的にいかなる手段が考えられるのか。

  • t.gif
    2008/07/28

    省電力ITプラットフォームの取り組み

    2002年から「IT、で、エコ」というコンセプトを打ち出し、環境経営の実現を目指しているNEC。クライアントのデータセンター環境でのCO2排出量の削減に対し、省電力プラットフォーム、省電力制御ソフトウェア、省電力ファシリティサービスの3つの側面か「REAL IT COOL PROJECT」という省電力への取り組みを策定し取り組んでいるという。(IT Compliance Review vol.7より転載)

  • a.gif
    2008/07/25

    Doからはじめる情報セキュリティ対策の再構築

    内部統制には情報セキュリティ対策が欠かせない、と言われている。確かに、情報セキュリティ対策をしっかり行うことは、コンプライアンスから見ても欠かせない重要な業務だ。しかし、現場では「どこまでやったらいいのかわからない」「既にウィルス対策と個人情報漏洩対策はある程度やっているのだが、これ以上なにが必要なのか」と混乱を招いている。(IT Compliance Review vol.7より転載)

  • t.gif
    2008/07/22

    現代の「お目付役」内部監査人に求められるスキルとスタンス

    内部統制への関心が高まるにつれ、「内部監査人」に対する注目度も急上昇しているようだ。しかし、その役割や意義が正しく理解されているかといえば、どうやらそうではない。「内部監査」という実務、およびそれを取り行う「内部監査人」は、企業経営においてどのような位置付けであるのか。企業で内部監査を務める島田裕次氏にお話をうかがった。(IT Compliance Review vol.7より転載)

  • t.gif
    2008/07/17

    キーワード徹底解説【仮想化】

    仮想化とは非常に一般的な用語で、仮想的な何かを提供しさえすれば仮想化を行っていると言うことができますが、最近ではバーチャルマシンと呼ばれる計算機の仮想化のことを指すことが増えてきました。本稿では、この計算機の仮想化について解説します。(IT Compliance Review vol.7より転載)

  • t.gif
    2008/07/15

    IT統制後のITの在り方

    戦略的競争優位の源泉として「内部統制」の必要性が認知されるようになり、その効果的な方法としてITに対する取り組みがいっそう強化されつつある。しかしながら、法令遵守という目の前の課題にとらわれ、本来の目的を忘れてしまう企業も多い。果たして法令対応のためのIT統制のその後に、経営は何を見て、どのように組織を導いていけばよいのか。日立コンサルティング シニアディレクターとして、多くの企業のIT戦略に携わる中村誠氏にお話を伺った。(IT Compliance Review vol.7より転載)

  • t.gif
    2008/07/11

    グリーンITとは何か? 何であるべきか

     コンピューターやネットワークを扱うIT分野において、その電力を効率良く使用することが環境問題を考慮する上で重要な課題となっている。本稿ではグリーンITを説明するために、ITと省エネルギー政策との関係、今、なぜグリーンITなのか、特に何が問題となっているのか、それを解決、あるいは緩和する技術および対策について解説する。(IT Compliance Review vol.7より転載)

  • t.gif
    2008/07/10

    環境配慮の実践&標準化の経験を糧にGreen Giantが考える「グリーンIT」とは

     効果的に「グリーンIT」を実現するためには、全体を俯瞰的に把握して最適化を図っていくことが不可欠である。ヒューレット・パッカード(以下、HP)はそうした統合的な「グリーンIT」を牽引する数少ない企業の1つだ。長期に渡り、ベンダー&ユーザーの両面からITの環境配慮に取り組んできた。その背景にある考え方と、今後の取り組みについて日本HPの高原明彦氏に伺った。(IT Compliance Review vol.7より転載)

  • t.gif
    2008/07/09

    ネットワーク人口爆発時代に先駆け「Sun ECO INNOVATION」で活路を拓く

     オープンソースの立役者として知られるサン・マイクロシステムズの「グリーンIT」は、環境配慮を社会全体の問題とし、自社の知的財産をあえて提供することによってビジネスにつなげるという、あくまで「オープン」なアプローチだ。(IT Compliance Review vol.7より転載)

  • t.gif
    2008/07/07

    「IT温暖化問題」に取り組むための5つのアプローチ

     IBMでは2007年5月10日から、企業データセンターのエネルギー効率化を支援するProject Big Greenを発足。診断、建設、仮想化、管理、冷却の5つのアプローチで消費電力を削減し、CO2排出や総所有コスト(TCO)を抑制する。そのコンセプトや提供されるサービスなどについて、日本IBMの村山逸文氏にお話をうかがった。(IT Compliance Review vol.7より転載)

  • t.gif
    2008/07/05

    IT機器の省エネとITによる社会の省エネで実現するグリーンIT

    IT機器の消費電力量が急伸している。すでに国内総発電量の5%を占め、2025年には5倍、25%に達するという試算もある。そこで経済産業省は、IT機器の省エネ技術開発支援を予算化し、さらに産学官連携で推進する枠組み「グリーンITイニシアティブ」を展開している。「環境保護と経済成長が両立する社会」の構築を目指すプロジェクトについて、経済産業省の担当者にお話を伺った。(IT Compliance Review vol.7より転載)

  • t.gif
    2008/07/04

    現実を見据えつつ、理想を追求する「夢を売る企業」としてのコンプライアンス

    企業のコンプライアンスは、スポーツになぞらえて説明されることが多い。熾烈な競争に勝つことが求められる半面、ルール違反は厳しく罰せられ、場合によっては退場せざるを得なくなる。いずれにせよフェアな勝利者だけに真の賞賛が与えられる。しかし、実際のスポーツビジネスにはグレーゾーンが多く、国際的なガイドラインは決して十分とはいえない。102年の歴史を持つミズノとて、その舵取りにはいまだ苦慮することが多いという。スポーツ業界の現状と企業としての在り方について、ミズノ株式会社 専務取締役 上治丈太郎氏にお話を...

46~60件(全63件)
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5