SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

週刊DBオンライン 谷川耕一

インサイトテクノロジー、アレン・マイナー氏からCEO交代で新戦略

コンサルティングサービスをより強化する

インサイトテクノロジー CEO 森田俊哉氏
インサイトテクノロジー CEO 森田俊哉氏

 もう1つ示した方向性が、データを集めてレポートするといったデータを効率良く管理するところから、データからいかにしてインサイトを得られるようにすることだ。データを扱うための手段ではなく、データを深く理解し顧客のビジネス目的の近いところで価値を提供できるようにする。そのための製品やコンサルティングサービスを提供することで、インサイトテクノロジーとしての価値を出すようにすることを3つ目の方向性とした。

 この2年半でこれら3つの方針に沿って製品のアーキテクチャを変更し、コード化して製品を変えてきた。その上で顧客との関わり方も変え、ビジネスモデルも徐々に変革している。その結果、顧客とはデータの扱い方についてだけでなく、インサイト(知見)の活用について会話する機会が増えている。これらの変革の取り組みを続けたことで「インサイトテクノロジーが日本のIT業界で大きな役割を果たし続けるための土台ができました。あとはこれらの方針を実行するだけです」とマイナー氏。その実行部分のリードを、今後は新CEOの森田氏に託すことになる。

次のページ
AI、機械学習サービスによるインサイトの提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
週刊DBオンライン 谷川耕一連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/14330 2021/04/27 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング