EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

著者情報

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター

    フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。

    Webサイト:http://emiekayama.net


執筆記事

  • 2021/11/01

    「日立とマイクロソフトは似ていておもしろい」 澤円氏がLumadaで描きだす新たなフィールド

     2021年3月に日立製作所(以下、日立)のLumada Innovation Evangelistに澤円氏が就任した。同氏の前職は、外資系の日本マイクロソフト。自由闊達なイメージの澤氏が日本の大企業である日立にエバンジェリストとして就任したこともあり、驚く人も多かったのではないだろうか。そこで澤氏を訪ねて、就任に至るまでの経緯をはじめ、現在の役割やDX、セキュリティ、日立を通じて今後どのような活躍を考えているのかを伺った。

  • 2021/10/22

    DX推進と表裏一体のセキュリティ対策 ゼロトラストやSASEを見据えたNetskopeの解決策

     データは増え続け、テクノロジーは進化し続ける。データが増えることで、保存場所や使用方法が多岐にわたるようになれば、自ずとセキュリティの懸念も増していく。SASEのリーダーを目指して急進しているNetskope Japanの白石庸祐氏が最新鋭のデータ保護ソリューションについて解説し、Netskopeに詳しい東京エレクトロンデバイスの松村 光敏氏が実際の運用における課題と対策について語った。

  • 2021/10/14

    「攻撃者はシステムではなく人を狙う」高度化するメールからのサイバー攻撃の最新動向と対処法

     セキュリティ対策の技術は年々進化すれど、サイバー攻撃は防衛をすり抜けるように巧妙さを増している。特に人間の脆弱性が狙われているところに警戒したい。たとえばメールを受信しただけでは何も起こらないものの、ユーザーがURLをクリックしてしまう、あるいは添付ファイルのマクロを有効にしてしまうなど、攻撃者にはめられてしまっているようなものだ。人間を中心に考え、セキュリティ業務の自動化と効率化を実現するプルーフポイントのソリューションを詳しく解説する。

  • 2021/09/28

    メールでのなりすましを見抜くために新たな規格BIMIと「VMC」を理解しよう

     日常的なコミュニケーションはSNS経由が増えたものの、仕事のフォーマルなコミュニケーションでは、いまだにメールが主流ではないだろうか。しかしメールではなりすましが起こりやすく、フィッシングや詐欺につながっている。なりすましを防ぐための手段にDMARCがあるが、まだ普及していないのが実状だ。そんななか、デジサートは2021年7月からDMARCで認証されたメールの視認性を高めるための認証マーク証明書(Verified Mark Certificates:VMC)の提供を開始した。そもそもDMARC...

  • 2021/09/15

    スキルを持つ使命感、デジタルの民主化を推し進める ドリーム・アーツ 石田健亮さん

     今回のCTOはドリーム・アーツの石田健亮さん。過去に何度か翔泳社主催の技術者カンファレンス「Developers Summit」でレガシーな業務システムとモダンなテクノロジーを連携する時のリアリティやヒントを語ったことがある。今回は、アセンブラをネイティブに学んだ小学生時代から、応募企業に進言する熱さを持っていた就活時代に始まり、現在のCTOにいたるまでの思いを語ってもらった。

  • 2021/09/10

    三井不動産 黒川悟史さんがチャレンジする街のDX:真っ白な未来都市に向けて

     「スマートシティ」や「Society 5.0」と未来都市の夢は膨らむものの、実物はまだ多くが開発中だ。DXというと主に企業におけるデジタル改革を指すが、これを「まち(街)」に拡張したものとイメージしてもいいだろう。道具となるテクノロジーも、普及しているツールやガジェットも、時代やまちが抱える課題も常に流動している。受託開発のSIから事業会社へと転身し、スマートシティの実現に奔走する三井不動産の黒川悟史さんに、これまでのキャリアから現在手がけている柏の葉スマートシティの現状についておうかがいした...

  • 2021/08/26

    海外で多国籍チームをマネジメントする 米国サイオステクノロジー COO 新井正広さん

     IT関連のメディア記者を経験し、エンタープライズIT系のベンダーを経て、PR会社ビーコミ社長としてB2B系の企業広報を手掛ける加藤恭子の連載。今回は、Linuxを中心とした製品開発サポートを行うサイオスグループの米国事業会社SIOS Technology Corp.COOと、飲食店事業のプレナスのグループ企業となるBayPOSのCEOを務める新井 正広さん。開発ツールで有名だったボーランドの日本法人から出発し、ノンネイティブの立場で米国に渡りマネジメントを身につけた経緯を語る。

478件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5