EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

記事一覧

テーマ内その他記事

91~105件(全5620件)
  • 2021/05/20

    イノベーションのモデルから考えるDX推進

     DXは、デジタル技術を活用したイノベーションを興し、競争優位性を確立することが本義である。しかし、DX推進には幾多のハードルが存在するのが常だ。市場経済の不確実性の高さや明確な投資効果を示すことの難しさから、デジタルビジネス変革を進めにくいという意見は多い。また、企業によってはイノベーションを促す制度やカルチャーが不十分であり、特に伝統的ビジネスを手掛ける企業や大規模組織ではその傾向が強い。そうした障壁を乗り越えて、デジタルイノベーションを確実に成功させることのできる魔法の杖といったものは、残...

  • 2021/05/19

    発注側は知っておきたい、システム開発をベンチャー企業へ依頼する際のリスク

     テクノロジー自体の進歩や様々なサービスの発達・普及により、以前に比べシステム開発は工数やリソースを圧縮して実現できる世界となりました。その結果、開発の委託先の選択肢も増えましたが、大手のベンダーではなく、ベンチャー企業への発注する際に把握しておきたいリスクも存在します。事例を見てみましょう。

  • 2021/05/19

    米IPOグロース企業 Snowflakeが語る日本への参入戦略 データクラウドで分析環境構築

     クラウドでデータプラットフォームを提供するSnowflake。2020年9月には米国市場でIPOを果たした。ソフトウェア業界では過去最高となる38億ドルの資金を調達した同社の何が評価されたのか。国内企業の日産、インテージ、サイバーエージェントなどの導入例をはじめ、日本法人のトップらにどんな製品を提供しているかを訊いた。

  • 2021/05/18

    Apple、Googleのプライバシー保護強化で、モバイル広告は死ぬのか?

     Appleはここ数年「プライバシー」保護の取り組みを強化している。最近リリースされたiOS14.5では、IDFA(広告識別ID)の利用の許諾が必要となり、アプリ開発者による行動履歴の追跡を制限した。さらにGoogleも、ユーザーのトラッキングのためのCookieを廃止する方向を宣言している。こうしたトレンドは、企業のマーケティングを始めとする顧客データを活用するビジネスに大きな影響を与える。モバイル広告の3社が共同のウェビナーでは、こうした「ポストIDFA/Cookie」の時代に向けた顧客エン...

  • 2021/05/18

    Auth0の新カントリーマネージャー大須賀氏が見据える展望とは

     Auth0は本年3月に日本における新たなカントリーマネージャーとして、大須賀利一氏の就任を発表した。日本においてグーグルのエンタープライズ事業を13年間にわたり率いてきた同氏が、なぜAuth0のカントリーマネージャーに就任したのか。そして、今後の市場拡大を狙うための展望とは何かを訊いた。

  • 2021/05/17

    インフォマティカはETLからデータマネジメントソリューションへ データドリブン経営を支援する

     インフォマティカと言えば、まだまだ老舗のETLベンダーのイメージが強い。しかしながら今は、さまざまなデータマネジメントのソリューションを提供するベンダーとなっている。インフォマティカが対応する範囲はどのように拡がっているのか。さらに、インフォマティカは日本でどのような戦略を展開しようとしているのか。インフォマティカ・ジャパン 代表取締役社長の吉田浩生氏に話を訊いた。

  • 2021/05/17

    デル・テクノロジーズが掲げるサーバーの“自動運転レベル5” 新たなPowerEdgeの全貌をみる

     2021年3月18日、デル・テクノロジーズが次世代「Dell EMC PowerEdge」の新サーバー17機種を発表した。最新の第3世代Intel Xeonスケーラブルプロセッサーおよび第3世代AMD EPYCプロセッサーを搭載するサーバーで、デル・テクノロジーズではこれを“ユーザーのためのイノベーションエンジン”と位置づけている。

  • 2021/05/14

    Salesforceを「継続カイゼン」と「プロセス構築」のための神ツールとして使い倒す

     今回はプロセスについての話題です。33年以上にわたりB2BのITビジネスにかかわり、現在はクラウドERPベンダーのインフォア(Infor)のマーケティング本部長の北川裕康氏が本音と洞察で業界動向を掘る連載。

  • 2021/05/14

    「ダブルハーベスト」勝ち続ける仕組みをつくるための戦略デザインとは

     DX推進の要として期待されているAIやデータの活用ですが、その効果が見い出せないと考えていたり、導入自体が難しかったりと活用自体に疑問を抱いている人も少なくないのではないでしょうか。そんな方はもちろん、現実となっていく「アフターデジタル世界」で企業成長を続けるためのAIやデータ活用法を知りたいという人にお薦めなのが、今回紹介する書籍『ダブルハーベスト 勝ち続ける仕組みをつくるAI時代の戦略デザイン』(尾原和啓、堀田創 著、ダイヤモンド社)です。

  • 2021/05/14

    エクスポネンシャル思考 指数関数的に進化する時代へ

     株式会社マクニカは、11月18日より12月11日まで、オンラインで「Macnica Exponential Technology 2020」(MET2020)を開催した。本稿ではエクスポネンシャル・ジャパン 齋藤 和紀氏による 講演「エクスポネンシャル思考 指数関数的に進化する時代へ」の内容を紹介する。

  • 2021/05/13

    マカフィーは“サイバーセキュリティのプラットフォーマー”として包括的な保護を強化へ

     5月11日にマカフィーは、法人向けの2021年度事業戦略説明会を開催した。コロナ禍を背景にセキュリティ業界を取り巻く環境も大きく変わっている中で、米国本社によるSymphony Technology Groupへの売却など、ますます注目を集めている同社。はたして、本年はどのような方針を掲げるのだろうか。

  • 2021/05/13

    TPC-HによるHeatWaveの簡単なベンチマークテスト

     この連載ではMySQLの開発チームが開発、運用、サポートを行っているクラウド・データベースであるOracle MySQL Database Serviceと、分析処理を爆速化する分析エンジンHeatWaveについて、製品の特徴や使い方を解説していきます。第4回は、TPC-HによるHeatWaveの簡単なベンチマークテストついて解説します。

  • 2021/05/13

    日本のNDR市場開拓を目指すExtraHop Networks 可視化の重要性を語る

     2015年から注目を集めている“SOC可視化トライアド”では、SIEM、EDR、NDRの3つを軸とした対策の重要性が提唱されている。とはいえ、日本におけるNDRの普及は進んでいない。その状況下で昨年アメリカから日本へ進出してきたのがExtraHop Networksだ。はたして、F5ネットワークス出身者によって創業された同社は、日本市場でどのような展開をみせるのだろうか。

  • 2021/05/12

    中国が進めるAIの社会実装 OMO、医療、金融、産業のDX先進事例

     株式会社マクニカは、2020年11月18日より12月11日まで、オンラインで「Macnica Exponential Technology 2020」(MET2020)を開催した。本稿では株式会社マクニカ 新事業本部 山本良太氏による 講演「AIによるデジタルトランスフォーメーションの未来 ~中国の先進事例から~」の内容を紹介する。

  • 2021/05/12

    フィッシングに悪用される日本企業が急増 “日本語の障壁”が消失

     フィッシング攻撃は拡大の一途をたどっている。現在、そのほとんどはメールを介しており、日本語の精度も向上しつつある。日本の企業やサービスを騙るケースも増えており、もはや日本語はサイバー攻撃の障壁になっていない。今回は、2020年のフィッシング攻撃の状況を振り返る。

91~105件(全5620件)
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5