EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

記事一覧

テーマ内その他記事

76~90件(全5893件)
  • 2022/02/18

    日本の“崖っぷち”DXに活路はあるのか オールジャパンでデジタル人材を育成へ

     企業においてデジタル化やDXの推進に取り組むなか、多くの企業が人材、とりわけ「デジタル人材」の不足に頭を悩ませているのではないでしょうか。そこで、今回紹介するのは『デジタル人材育成宣言「デジタル化&DX」の現状と人材育成』(クロスメディア・パブリッシング、角田仁 著)です。角田氏は、東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)で約30年間IT戦略などを担当し、大学教員に転身後、2021年4月にデジタル人材育成学会を設立。本書のなかでもユーザー企業を主語に、オールジャパンとしてどのようにデジタル人...

  • 2022/02/17

    顧客データ活用の課題にCDPはどう役立つのか? 新刊『カスタマーデータプラットフォーム』著者に聞く

     今、マーケティング部門が使うテクノロジーの中で、最も注目を集めている製品分野がCDP(Customer Data Platform)である。大企業のマーケティング部門のテクノロジー調達戦略では、組織のニーズを満たすスイート製品が市場に存在しないため、数多くのビジネスアプリケーションを組み合わせて使うベストオブブリード戦略が主流である。しかし、その代償としてマーケティング部門は様々なデータマネジメントの課題に直面している。その解決に焦点を当てた製品としてCDPは期待されている。『カスタマーデータ...

  • 2022/02/16

    Log4jやランサムウェア、LotL…… 2021年第3四半期の脅威動向を振り返る

     Trellixは、2月16日に「2021年第3四半期 脅威レポート」を発表した。今回は、その中から2021年の年末に大きな騒動へと発展したLog4jの脆弱性をはじめ、ランサムウェア攻撃の動向、APT攻撃の傾向や環境寄生型の攻撃について解説された、報道関係者向けの勉強会の様子をお届けする。

  • 2022/02/15

    日本の金融ビジネスのDXは可能か? 銀行業務プラットフォームを提供するnCinoに聞く

     少子高齢化や低金利政策の影響を受け、日本の銀行を取り巻くビジネス環境はかつてないほど厳しい。どの銀行も顧客との関係構築と強化のため、若年層の獲得に活路を見出そうとしており、その前提条件となるDXは待ったなしだ。だが、実際のところどの程度変革を進められているのか。融資や口座開設などの銀行業務のプラットフォームを提供するnCino(エヌシーノ)日本法人社長に、SaaS導入の観点から状況を訊いた。

  • 2022/02/10

    2人でグローバル規模のクラウドを統括 富士フイルムBIのCCoEが進める“クラウド起点の改革”とは

     組織全体のビジネスを変革することを目的としたクラウド導入・活用には、全体的な戦略やガバナンス、ベストプラクティスの開発と管理を担当し、組織をリードする部門横断的な存在が欠かせない。その担い手として注目されているのが、「クラウドセンターオブエクセレンス(CCoE)」だ。本連載では、本メディアでFinOpsに関する記事を連載中のApptio株式会社 セールスディレクター 宮原一成氏をホストに、先駆者との対談を通じてCCoEの導入や活用、効果などについて探っていく。今回は、富士フイルムビジネスイノベ...

  • 2022/02/08

    パナソニック、Blue Yonder買収後のSCMソリューションが充実 武器となる3階層のデータ可視化

     Blue Yonder買収以降、パナソニックのSCMソリューションが加速している。その一方で、日本の製造業はサプライチェーンの安定化や脱炭素社会の実現に向けた環境対策など、難しい課題に直面している。2022年1月26日にTableauが主催したオンラインイベント「製造業界向けTableauサミット」に登壇したパナソニックの山中雅恵氏は、「パナソニックの提供する現場最適化ソリューション-サプライチェーンの現場変革とデータ活用-」と題した講演で、これらの課題の解決に向けたデータ活用の取り組みを紹介...

  • 2022/02/07

    日立は30万人規模のvSphere環境から「CaaS」を実現 自社で大規模導入した“経験知”を活用へ

     企業がDXを進める中で、柔軟性や拡張性がないレガシーシステムが足かせとなっている。この問題を解決するためにパブリッククラウドなどに移行し、インフラをモダナイズ。さらにコンテナなどクラウドネイティブな技術を用いてアプリケーションもモダナイズすることで、DXで求められるアプリケーション開発のスピードの向上を実現する。このような“DXのための取り組み”の重要性は理解されつつあるが、実際にコンテナを活用しその恩恵を受けている企業はまだまだ少ない。IPAの「DX白書 2021」によれば、既にコンテナを全...

  • 2022/02/04

    “血の通った”経験知から意識改革へ 「日本のDXをもっと安全に」プロジェクトが始動

     2022年2月2日、セキュリティ啓発アクション『日本のDXをもっと安全に〜サイバー攻撃被害ゼロを目指して〜』始動記者会見が催された。サイバーセキュリティクラウドを発起人に、日本のサイバーセキュリティのあり方に警鐘を鳴らし、意識改革を行っていくという。会見では、概要や目的をはじめ、賛同企業によるトークセッションも繰り広げられた。

  • 2022/02/04

    時代は“躍動するデータ”を求める――Confluentが構築する「Data in Motion」とは

     企業の競争力を高めるために、従来はデータストレージに物理的に保存するのが一般的だったデータを、リアルタイムで素早く処理する仕組みへシフトする動きが活発になっている。時代は「Data at Rest(休止したデータ)」から「Data in Motion(躍動するデータ)」へ移行しつつあるのだ。今回、「Set Data in Motion(データを動かす)」というミッションの下、データのストリーミング処理プラットフォームを展開するConfluentが、今の時代に求められているデータ活用の在り方とD...

  • 2022/02/04

    停滞するアジャイル開発:内製と外注とのハイブリッドモデルで再起動を

     なぜ日本ではアジャイル開発が浸透しないのか――何年も続けられてきたこの議論。今回はSIをめぐる体制、ビジネスとテクノロジーのノウハウ、そして内製化と外注のハイブリッドによる開発という視点から考えてみたいと思います。

  • 2022/02/02

    IT部門は「アプリケーションモダナイゼーション」をどう理解すべき? VMware渡辺隆氏に尋ねる

     テレビなどでも取りあげられるようになり「DX」という言葉の認知はかなり広がった。しかし、その解釈は企業や人により様々だ。DXのためにまずはビジネスのデジタル化を進め、その先で何か新しいビジネスを生み出そうとするケースもあれば、大量のデータを分析、AIや機械学習などの技術を活用することで新しい知見を得て、ビジネスに変革をもたらす場合もある。また、置かれた状況や目指す変革の姿は企業で違うため、それぞれの企業に最適なDXアプローチも異なる。様々なDXのアプローチがある中、多くの企業が直面している課題...

  • 2022/02/01

    Salesforceが本格的なCDPを発表 顧客データのインサイトシステムとエンゲージメントシステムを統合

     顧客データを取り巻く環境が、急速に変化している。デジタルマーケティングやアドテクノロジーの世界では、AppleやGoogleのブラウザが3rdパーティークッキーを廃止する影響が大きな話題だ。ここ最近は個人の情報保護に対する消費者の関心も高く、今後のマーケティング活動においてオンラインでターゲティング広告の手法などを使う際に、クッキーに頼らない方法が必要となっている。

  • 2022/01/31

    オラクルがすべてのエンジニア/データアーキテクトにささげるデータ基盤 DXのためのデータ管理とは

     現在、DXの本質について今一度深く考えるべきタイミングに差し掛かっている。そのタイミングで開催された「data tech 2021」のセッションでは、「全てのデータアーキテクト、エンジニア、サイエンティストに捧ぐDXの核心を突くオラクルのデータ基盤を説く」と題して、DXの核心を突くにはどうしたら良いのか、そして実現を支えるオラクルのデータ基盤とは一体どのようなものなのかを、日本オラクル株式会社 事業戦略統括 戦略事業推進本部長の人見尊志氏が解説した。

  • 2022/01/31

    あなたは大丈夫? ベンダーが「付き合いきれない」と嘆くワガママユーザーとの紛争事例

     いくら技術が発展しようとも、システム開発におけるユーザーの役割とベンダーの責務に関する問題は変わりません。システム開発における根本的な問題について、考えるきっかけとなる判決事例を今回は紹介します。

  • 2022/01/28

    5ステップで「改正個人情報保護法」対応を考える システム部門におけるポイントとは

     前回は、漏えい時の義務や事業者の罰則強化を中心に、システム部門に求められる対応について確認しました。連載最後となる今回は、法の域外適用・越境移転および認定個人情報保護制度の変更について解説します。 

76~90件(全5893件)
All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5