Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

記事一覧

テーマ内その他記事

61~75件(全4331件)
  • 2017/08/25

    Oracle Databaseのアーキテクチャ

     Oracle Databaseは初の商用Relational Database Management Systemとして約40年前に誕生しました。以後、エンタープライズ用途の厳しい要件に応えるべく、進化を遂げてきました。Oracleは数値や文字のデータ型だけでなく、XML型やJSON型、空間位置情報型とその処理エンジン、機械学習エンジンを搭載しています。そして、マルチテナント機能でデータベースを統合し、Database In-Memory(DBIM)で極力データの移動を抑えてOLTP処理で発生...

  • 2017/08/24

    データにまつわる全ての制約から解放する。IBMが「Db2」にリブランドした理由

     IBMは2017年6月22日から、リレーショナル・データベースを中心としたIBMのデータマネジメント製品群を「Db2」というファミリー名にリブランディングした。Db2は新しいブランディング名称でもあり、同時に旧製品は頭に「Db2」を付けた新しい製品名となる。今回のリブランドには、一体どういう意味が込められているのだろうか。

  • 2017/08/23

    ストレージ機能を使ったDBバックアップ

     前回、論理バックアップは物理バックアップの代替ではなく補足であるという内容をお伝えしました。第3回のテーマは、物理バックアップを取得する手段として利用されている「ストレージ機能を使ったDBバックアップ」です。

  • 2017/08/22

    Oracle Service Cloudは箱根を変えることができるか?各旅館の取り組みを訊いた

     今年の8月は雨が続いたこともあり、夏休みにビーチリゾートで遊ぶのではなく温泉でゆっくり英気を養った人も大勢いるだろう。都内から気軽に出かけられる箱根の温泉街も、そんな顧客で賑わったはず。箱根温泉の歴史は古く、開湯は奈良時代に遡る。そのため、代々受け継がれ長い歴史を持つ温泉宿も多い。そんな箱根は首都圏に近い保養地、観光地として、大いに賑わってきた。しかしながら近年は、何度も顧客が大幅に減るような「危機」も経験している。バブル崩壊やリーマンショックと言った消費の落ち込み、さらには東日本大震災による...

  • 2017/08/22

    蛇の道は蛇「開発者もハッキングマインドを持つこと」codenomi-con USA 2017レポート

     自動車や家電製品など、あらゆるモノが相互接続するIoT(Internet of Things)の世界。新たな製品やサービスが次々と登場する半面、セキュリティ対策は十分でないのが現状だ。高度化するサイバー攻撃だけでなく、ソフトウェアの脆弱性に起因するセキュリティ・インシデントの脅威も広がっている。そのような状況において企業は、どのように自社製品のセキュリティを高めていくのか――。2017年7月25日、米ラスベガスで開催された「codenomi-con USA 2017」は、企業のセキュリティ責任...

  • 2017/08/21

    パッケージ導入の方針不一致で開発失敗

     パッケージソフトを使って開発をする際に、自社の業務をパッケージに合わせて改善するフィッティング型をとるのか、それともパッケージの方を自社の業務に合わせてカスタマイズ型にするのかという問題は、ユーザ企業が開発方針を決定する際、よく頭を痛める問題です。私自身もユーザ企業を支援する立場でそうしたことを検討し、二つの方式の星取表(メリット・デメリット表)を作ったこともあります。フィッティング型なら、そのパッケージが持つ良い業務プロセスを自社の中に取り込むことができますし、カスタマイズコストも抑えること...

  • 2017/08/18

    法令対応で力量が試されるIT部門。各国の個人情報保護法令と企業の管理策まとめ

     この連載では、世界各国の個人情報保護法令のトレンドと、それらの法令対応においてIT部門に期待される役割、またそういったIT部門の役割をサポートするツール類などについて、これまで4回に渡って概観してきました。最後にまとめとして全体の要点を整理していきます。

  • 2017/08/17

    最近よく聞く「Service Cloud」とは?

     Salesforce.comが先陣を切ったこともあり、SaaSではCRMやSFAの利用がまず増えた。その後人財管理やタレントマネージメントが注目され、一昨年くらいからはマーケティング・オートメーションがブームとなっている。そしてここ最近になってからは、いよいよERPへと関心が高まっている。

  • 2017/08/17

    データベースの配置と大きさを確認しよう

     先日次期SQL Server 2017のリリース候補版(RC1、RC2)が公開され、いよいよ一般公開(GA)が迫ってきました!。また大きなサプライズとなったLinux版SQL Serverについても検証レポートや知見が公開されだしています。例えばDB性能ベンチマークで著名なTPCのあるシナリオにおいてLinux版が現時点でトップにランクインしています。NEC内においてもシナリオ別の性能検証や、AlwaysOn、カラムストアインデックス、データ圧縮、パーティショニングなどの機能検証のほか、運用面...

  • 2017/08/10

    IoTサイバーセキュリティは、1社だけでは完結できない――ファーウェイ・セキュリティ担当CTO

     現在、業界の垣根を越えて大きな検討課題となっているのがIoTセキュリティだ。IoTが今後、産業や社会インフラの領域に広く定着していくうえで、セキュリティの問題解決は避けては通れない。ICTソリューションベンダーで通信機器大手の中国・華為技術(ファーウェイ)もIoT時代を見据え、セキュリティソリューションの開発に積極的に取り組んでいる企業だ。様々な標準化団体でセキュリティ分野のボードメンバーを務める同社セキュリティ担当CTO、トビアス・ゴンドロム(Tobias Gondrom)氏は、「IoTサイ...

  • 2017/08/09

    「罰」ではなく「共感」を―フェイスブックCSOがBlack Hatで力説した「セキュリティプロの心得」

     2017年7月26日から2日間、米ラスベガス「マンダレイ・ベイ・リゾート・アンド・カジノ」において、世界最大の情報セキュリティカンファレンス「Black Hat USA 2017(以下、Black Hat)」が開催された。今年で20周年を迎える同カンファレンスには、世界80カ国から1万5000人以上が参加。Black Hatの創設者であるJeff Moss(ジェフ・モス)氏は、「当初は参加者が車座になって話し合う井戸端会議のような雰囲気で、講演も知人のツテを頼って登壇してもらっていた。それが今...

  • 2017/08/09

    真のリアルタイムOLAPとは

     筆者は過去約20年間、主にOracleデータベースに携わってきたエンジニアです。最初はアプリケーション開発者としてキャリアをスタートし、DBAとして多くのデータベースを管理することや、SQLチューニング、障害対応などを行ってきました。扱ってきたバージョンはOracle7から12cまで、HA構成からRAC、Data Guard、Exadataと、Oracle製品の進化とともに経験を積んできました。本連載では、そんな筆者が、Oracle技術者の立場からSAP HANAについて様々な視点から考えてい...

  • 2017/08/08

    情報のプライバシーと個人情報の違いとは?【第3回】

     第1回では情報のプライバシーの法的保護の性質について、第2回ではパーソナルデータ利活用におけるプライバシーに関する留意点についてそれぞれ見てきた。第3回では、情報のプライバシーの問題について「個人情報」との違いについて考えていきたい。

  • 2017/08/07

    シリコンバレーで最新のIoTに触れるならココ!話題のリテールストア「b8ta」とは?

     Amazonによって従来型の小売り店舗(リテールストア)が苦しむ中、2016年にシリコンバレーの中心地であるパロアルトにオープンした新形態のリテールストア「b8ta」は今も注目を集めています。今回実際に訪問して感じたのは、シリコンバレーの最新のIoT製品、シリコンバレーらしいスタートアップ企業ならではの創造性豊か、かつ差別化されたユニークな商品に触れるならまさにここ、ということでした。また商品を見ることでIoT製品のトレンドを先読みし、世界中で進むリテールストアの新しいモデルについても体感でき...

  • 2017/08/04

    突然の契約継続拒否に狼狽するベンダ

     今回は、いつもと少し内容を変えて、”ベンダとの上手な別れ方”についてお話ししたいと思います。取り上げるのは、今後も継続を期待していたベンダが、突然「もう契約延長はしない。」とユーザに告げられ、狼狽した結果、裁判を起こしてしまったという事例です。

61~75件(全4331件)
All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5