EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

記事一覧

テーマ内その他記事

46~60件(全5620件)
  • 2021/06/24

    「いまこそ知りたいDX戦略」DX推進のため超えるべき“3つの壁”とは

     コロナ禍を契機に業種業界問わずに経営戦略としてDXが掲げられるようになり、AIやデータの活用にもより一層の注目が集まっています。この状況下で、DXを加速させるために専門部門を組織する動きもみられる一方で、全社的な変革が進んでいるという話を耳にすることは少ないのではないでしょうか。そこで今回は、DX推進の参考になる書籍『いまこそ知りたいDX戦略』(石角友愛 著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)を紹介します。

  • 2021/06/24

    野中郁次郎×小泉英明 ダイアローグ:創造的失敗思考と“科学の使命”

     2021年5月20日、FCAJ主催のシンポジウム「創造的失敗思考 Beyond the Creative Failures ー複眼で新しい世界を築く」が開催された。その中で行われた野中郁次郎氏×小泉英明氏のダイアローグセッションの内容をレポートする。 記事協力:FCAJ(Future Center Alliance Japan)

  • 2021/06/23

    全社DX戦略の推進へ向けて:その推進計画と組織マネジメント

     DX推進の方法論はさまざまであり、現在推進中の企業においてもそこに至った経緯は多様である。特定の要素技術がトリガとなり、現場サイドで自然発生的にビジネスシーズが産まれることもあれば、オピニオンリーダーや経営幹部の「鶴の一声」によってノベーションの取り組みを開始するといった例もあるだろう。どのような進め方が適切かは、企業の経営環境やビジネストレンド、あるいは内部の組織、制度、カルチャー等によって異なり、一概に定めることはできない。しかし、いかなる環境や状況においても、組織変革へ向けた経営者のリー...

  • 2021/06/23

    アドビのデジタル・コマースとCXMは新たな次元へ

     アドビは「Adobe Summit 2021」で「The Future of Customer Experience(顧客体験の未来)」をテーマに掲げ、同社のB2B/B2Cのマーケティング、EC、データアナリティクスなどの事業を貫く「CXM(Customer Experience Management:顧客体験管理)」の考え方を強く打ち出した。そして、マーケティング、データアナリティクス、ECなどの領域の製品群を、「Customer Experience」という目的に向けて再定義し、「Adob...

  • 2021/06/22

    freeeが新戦略として掲げる「統合型経営プラットフォーム」の実現とは

     6月22日に開かれたメディア向けの会見で、freeeは新たな事業戦略を発表した。新たなビジョンとして「誰もが自由に経営できる、統合型経営プラットフォーム。」を掲げて、統合型クラウドERPやカード事業、出版、スモールビジネス研究所など新たな施策を次々と打ち出す同社。はたして、どのような未来を描いているのか。本会見の様子を紹介する。

  • 2021/06/22

    セールスフォース、マルケトの成長支えた成功請負人が、BSMのCoupaに感じる可能性

     ERP、CRM/MA、HCM/HRMに続く4つ目のソリューションとしてビジネス支出管理(BSM:Business Spend Management)が注目を集めている。2021年4月9日、ビジネス支出管理のCoupa Softwareは、ジャパンクラウドと合弁会社Coupa株式会社を設立し、日本市場に対して本格的なアプローチを開始し始めた。Coupa株式会社の代表取締役社長には、セールスフォース、マルケトなどの日本市場拡大に貢献した実績をもつ、ジャパンクラウドの小関貴志氏が就任。小関氏と小社の...

  • 2021/06/22

    OracleのSaaS戦略はフルスタックで顧客体験(CX)向上をめざす

     企業がデジタル変革を進める中、たびたび登場するキーワードが「顧客体験(Customer Experience:CX)」だ。データ、デジタルの力を活用して顧客との関係性を向上しビジネス成長につなげる。顧客がより良い体験をできるかが、デジタル変革では重要となる。CXと言えばCRMを思い浮かべる。さらにデジタルマーケティングのマーケティング・オートメーションやカスタマーサービスなども必要だ。これらはSaaSで提供されており、その市場をリードしているのがSalesforce.comやOracleだ。...

  • 2021/06/21

    ビジネス現場にもセキュリティプロを育成する トレンドマイクロの人材育成プログラム

     サイバーセキュリティのスキルはサイバーセキュリティの専門家が持つものというイメージがある。認定試験にしてもトレーニングにしても。しかし近年のビジネス現場ではDXやデジタル化が進み、サイバーセキュリティのリスクと常に隣り合わせだ。ビジネスの現場でもセキュリティの基礎知識は欠かせない。なければDXを形にしてもセキュリティで足をすくわれてしまうリスクすらあるのだ。こうした課題に応えるトレンドマイクロが提供しようとしている新たな人材育成プログラムについて同社セキュリティナレッジ&エデュケーショ...

  • 2021/06/18

    なぜか日本では盛り上がらないHCM IT部門も人事のトランスフォーメーションは他人事ではない

     米国では人事分野でもデジタル化が進みHCMの導入が盛んですが、日本では一過性のブームにとどまりあまり盛り上がりません。米国の「HR Transformation」と日本の人事システム改革は何が違うのでしょうか? 33年以上にわたりB2BのITビジネスにかかわり、現在はクラウドERPベンダーのインフォア(Infor)のマーケティング本部長の北川裕康氏が本音と洞察で業界動向を掘る連載。

  • 2021/06/18

    【ゼロ知識証明入門】第2章 ゼロ知識証明技術の 基礎知識(後編)

     「ゼロ知識証明」とは、ある人が特定の事柄を証明したいときに、機密情報を明かさずに証明する技術の総称。次世代のプライバシー強化技術として注目されている技術である。本連載はデロイト トーマツのコンサルタントによる『ゼロ知識証明入門』(翔泳社)の内容を踏まえくわしく紹介する。今回は第3回目で、デジタル署名/認証局/暗号通信プロトコル SSLTLS/ID、パスワードによる認証について解説する。

  • 2021/06/18

    富士通の「SEの変革」から始まった「デジタル変革」

     富士通で初めてのデジタル部門の創設やサービス開発に取り組んで来た著者の実践に基づくDX連載の第一回。著者は、富士通 デジタルビジネス推進室エグゼクティブディレクターの柴崎辰彦氏。シリーズの第一部となる「DXチャレンジ編」では、「なぜデジタル変革なのか?」その勘所をデジタル推進部門やIT部門のみならず、経営者やリーダーも含めた企業の全社員に向けて実践経験を踏まえて紹介します。

  • 2021/06/17

    アンディ・グローブ、IBM、OSSコミュニティから学んだもの 〜 日本IBM小薗井さん

     IT関連のメディア記者を経験し、エンタープライズIT系のベンダーを経て、PR会社ビーコミ社長としてB2B系の企業広報を手掛ける加藤恭子の連載。今回は、クラウド領域の自社製品やサービスを技術者に啓蒙するアドボケイト活動の傍らで、オープンソースソフト(OSS)コミュニティでも活躍されている日本アイ・ビー・エム(日本IBM)の小薗井康志さんへのインタビューをお届けします。

  • 2021/06/16

    デジタル企業の競争優位性: DX時代に求められる競争優位性の再定義

     DXの巨大な波を見据えて、デジタルへ舵を切る企業も着実に増えてきている。それは、IT業界のリーダーであるGAFAはさることながら、あらゆる業界で起こっている点に留意したい。製造業を見ても、米John Deere社、独Volkswagen社、仏Loreal社、国内でも小松製作所、コミカミノルタなどデジタル戦略を掲げる企業は数多い。これらの企業に共通するのは、全社的な経営方針としてDXにコミットしている点だ。伝統的な従来型ビジネスを脱却し、全社レベルでの次世代ビジネスモデルへの転換を狙う。そのよう...

  • 2021/06/16

    NECがCEO直下の新組織で目指す“変革のDNA”の醸成

     NECが「2025中期経営計画」において掲げていた社内文化と経営基盤の変革をけん引するため、本年4月よりCEO直下に「Transformation Office」が組織されている。従来までの「制度」「プロセス・組織」「IT」という軸に、新しく“データ・人”を加えた「三位一体 Plus Oneの改革」を目指すという同社は、6月14日にメディア向けの説明会を開催した。はたして、500億円超の投資をおこなうという変革プロジェクトとはどのようなものなのか。説明会で語られたプロジェクトの概要をリポートす...

  • 2021/06/15

    【ゼロ知識証明入門】第2章 ゼロ知識証明技術の 基礎知識(前編)

     「ゼロ知識証明」とは、ある人が特定の事柄を証明したいときに、機密情報を明かさずに証明する技術の総称。次世代のプライバシー強化技術として注目されている技術である。本連載はデロイト トーマツのコンサルタントによる『ゼロ知識証明入門』(翔泳社)の内容を踏まえくわしく紹介する。今回は第2回目で、ゼロ知識証明技術の 基礎知識の前編をお届けする。

46~60件(全5620件)
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5