EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

記事一覧

テーマ内その他記事

106~120件(全5718件)
  • 2021/07/20

    ITR金谷氏が指南するアフターコロナのDXの「はじめの一歩」

     コロナ禍でもDXに取り組む企業の意欲は一向に衰えを見せない。このトレンドが今後も継続することが確実視される中、IT部門は何をするべきか。6月25日に行われたEnterpriseZine Day 2021では、ITRの金谷氏がコロナ禍で起きたビジネス環境の変化を踏まえ、IT部門が選択するべきDXの推進アプローチ、そして求められる施策について解説した。

  • 2021/07/20

    ANAのDXを率いるキーマンが語る「ニューノーマル時代のデジタル戦略」

     2021年6月25日、翔泳社主催のオンラインイベント「EnterpriseZine Day 2021」が開催された。基調講演には、全日本空輸株式会社(ANA)デジタル変革室 イノベーション推進部長 野村泰一氏が登壇し、「ニューノーマル時代のデジタル戦略」と題した講演で、ANAが推し進めているDXの取り組みを紹介した。

  • 2021/07/19

    なぜIBM、アクセンチュア、デロイト、PwCが広告業界の上位にいるのか? デジタルで激変するグローバルの広告代理店市場

     アクセンチュア、デロイト、IBM、PwCが広告代理店のランキングの上位に入っています。広告業界とITの世界で何が起きているのでしょうか?33年以上にわたりB2BのITビジネスにかかわり、現在はクラウドERPベンダーのインフォア(Infor)のマーケティング本部長の北川裕康氏が本音と洞察で業界動向を掘る連載。

  • 2021/07/19

    未経験エンジニアからForbes選出へ DXにつまずく企業のデータ活用法

     DX推進の機運が高まっている中で、DXにつまずいてしまっている企業も少なくはない。そう語るのは、primeNumberで取締役執行役員CIOを務める山本健太氏だ。未経験の文系エンジニアからキャリアをスタートさせると、昨年には「Forbes 30 Under 30 Asia」の「Enterprise Technology部門」に選出されるという経歴の持ち主だ。そんな同氏に、選出までの経緯はもちろん、DX推進の勘所などを尋ねた。

  • 2021/07/16

    HeatWaveクラスターへのデータのロード

     この連載ではMySQLの開発チームが開発、運用、サポートを行っているクラウド・データベースであるOracle MySQL Database Serviceと、分析処理を爆速化する分析エンジンHeatWaveについて、製品の特徴や使い方を解説していきます。第5回は、HeatWaveクラスターへのデータのロードについて解説します。

  • 2021/07/16

    社会全体のDXに向けた切り札、コンフィデンシャル・コンピューティングの可能性を探る

     前回の連載『【ブロックチェーン超入門】導入のための第一歩』では、国内外における様々なブロックチェーンの取り組み事例を踏まえながら、ブロックチェーンがもたらす価値について考察しました。本連載の前半では、LayerXが経済活動のデジタル化の取り組みを推進する中で直面した新たな課題と、その解決策としての「コンフィデンシャル・コンピューティング(機密コンピューティング)」について、技術的な概要や昨今注目を集める背景などをご紹介します。さらに連載の後半では、セキュリティ分野の技術革新に留まらない、コンフ...

  • 2021/07/15

    アビームコンサルティングと元CTOが語るデジタルコマース投資動向

     アドビが開催したオンラインセミナー「Best of Adobe Summit BREAKOUTS」では「2021年のデジタルコマース投資」をテーマにアビームコンサルティング 福田氏とUnByte 渡邉氏が語った。2020年のコロナ禍で、流通・小売業界は多くの企業が打撃を受ける一方で、急激な成長を果たした業種もあった。この「二極化」の要因は何か。そして今年後半以降、再成長が期待される市場環境の中で、デジタルを用いてどのような戦略が必要になるか、そのポイントについても問題提起がなされた。後半ではア...

  • 2021/07/15

    2児の母がデジタル庁で変革に挑む BPRで描く“現場が生き生きとする職場”

     9月1日のデジタル庁創設に向けて第四回公募が始まっている中で、前回はデータ領域における民間人材の活躍を取り上げた。今回は、ITストラテジストとして入庁し、デジタル庁という垣根を越えて邁進するコンサルタントを取材。自身で設立した会社の代表取締役も務める傍ら二児の母でもあるという、まさに“三足の草鞋”を履きながら躍進している姿に迫った。

  • 2021/07/14

    なぜ、日本はセキュリティが甘い企業が多いのか?

     近年は、国内外から様々なサイバー攻撃が行われており、手口が複雑化、巧妙化しており、日々新しいマルウェア(不正かつ有害な動作を行う悪意のあるプログラム)が作られています。ニュースでもサイバー攻撃を受け、情報漏えいやサービス停止などの被害を受ける企業の事例が取り上げられるのを耳にすることもあるでしょう。政府によるDX推進の一方で、セキュリティに関する日本企業の対策はまだまだ不十分であると言わざるを得ません。本連載では、現在のセキュリティに関する認識の問題点や潜在的なリスクを解説し、その上で日本企業...

  • 2021/07/14

    ソニックガーデン 倉貫義人さん 「プログラマを一生の仕事にするために」社内ベンチャーから起業

     IT関連のメディア記者を経験し、エンタープライズIT系のベンダーを経て、PR会社ビーコミ社長としてB2B系の企業広報を手掛ける加藤恭子の連載。今回は、ソニックガーデン 倉貫義人さんへのインタビューをお届けします。プログラマを一生の仕事にするというビジョンを掲げ、「納品しない」ビジネスを提唱するに至ったその背景を語っていただきました。

  • 2021/07/13

    私、失敗します。アジャイルアプローチで、成功へ反転させるために

     今回は著者の失敗経験を紹介します。失敗はビジネスの中での「宝の山」、まずはアジャイルアプローチで失敗を回し、そこから改善につなげていくことが成功につながります。33年以上にわたりB2BのITビジネスにかかわり、現在はクラウドERPベンダーのインフォア(Infor)のマーケティング本部長の北川裕康氏が本音と洞察で業界動向を掘る連載。

  • 2021/07/13

    ソフトバンクと東大が目指すAI研究の事業化 海老名で推進する「次世代AI都市シミュレーター」

     通信事業を基盤にAIなどの最先端技術を活用したイノベーションを推進するソフトバンクが、東京大学とスタートさせた「Beyond AI 研究推進機構」。本取り組みの一つとして4月に発表されたのが、神奈川県海老名駅周辺エリアにおけるデジタルツインを活用した「次世代AI都市シミュレーター」の研究開発だ。同社が本取り組みを通して目指しているものとは何か、担当者に尋ねた。

  • 2021/07/12

    ゼロからの挑戦だからこそ楽しい 最前線で活躍するデータサイエンティストが示す“3つの軸”

     コロナ禍でDX推進とともに掲げられることが多くなった、データドリブン経営。これを実現するためにも、これまで以上にデータサイエンティストなどデータ領域の専門人材に注目が集まっている。エンタープライズ/IT業界で活躍する若手をクローズアップする本コーナーとして、今回はデータサイエンティストとして躍進する千葉祐大氏を訪ねた。

  • 2021/07/12

    オラクル三澤氏、基幹系クラウドの戦略を語る「Oracle CloudはGCPの後塵は拝していない」

     6月から新しい会計年度が始まった日本オラクルが、2022年度の事業戦略を説明した。2021年度を振り返れば、日本でも世界でも「Oracle Cloudの大きな広がりを残せた年だった」と言うのは、日本オラクル 執行役社長の三澤智光氏だ。「2022年度はミッションクリティカルの基幹系システムのクラウド化に注力、ハイパースケーラーの中でOracle CloudはGCPの後塵は拝していない」と語る。

  • 2021/07/09

    現場やスタッフ部門のDXの理解を促すために〜デジタル変革を産業革命から考える

     富士通で初めてのデジタル部門の創設やサービス開発に取り組んで来た著者の実践に基づくDX連載の第四回。著者は、富士通 デジタルビジネス推進室エグゼクティブディレクターの柴崎辰彦氏。シリーズの第一部となる「DXチャレンジ編」では、「なぜデジタル変革なのか?」その勘所をデジタル推進部門やIT部門のみならず、経営者やリーダーも含めた企業の全社員に向けて実践経験を踏まえて紹介します。

106~120件(全5718件)
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5