Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

記事一覧

テーマ内その他記事

106~120件(全4303件)
  • 2017/06/05

    全米屈指のCTOブロブスト氏「データとアルゴリズムが企業の資産となる」

     テラデータのCTO、スティーブ・ブロブスト氏は、データサイエンスやアナリティクスの世界では最も影響力のある全米屈指の一人。「データが生み出す価値」が企業の命運を左右すると主張する。テラデータの年次イベント「Teradata Universe Tokyo 2017」で来日したブロブスト氏に話を聞いた。

  • 2017/06/05

    「美しいコード」という概念のない世界で

     「美しいコード」が大切なのは当たり前という考え方で生きてきた小野和俊さんが、4年前にセゾン情報システムズとの業務提携で目の当たりにすることになった、SIerの世界。そこではソースコードは特定の人の目にしか触れないような軽んじられた存在でした。SIerの世界に「美しいコード」の概念を定着させることはできるのか?セゾン情報システムズで小野さんと一緒に働く有馬さんとの対話をお届けします。

  • 2017/06/02

    Windows 10への移行時に検討すべき、業務アプリケーションの実装方法と選定基準(第4回)

     Windows 10では、既存のWindowsアプリケーションをそのまま動かすことも容易ですが、アプリケーションのメンテナンス性の向上や、マルチデバイス展開などを行うために、Universal Windows Platform(以下:UWP)やXamarinという新しいアプリケーション開発基盤の利用検討が必要となります。今回は、自社で構築した業務アプリケーションの移行方法の選定に必要な観点を洗い出し、それぞれの移行手法と選定基準について解説します。

  • 2017/06/01

    AWS Summit Tokyoが開催、三菱UFJがAWSの活用状況とICT戦略を明かす

     2017年5月30日から4日間、AWS Summit Tokyo 2017が開催されている。2日目の5月31日の基調講演ではアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 代表取締役社長 長崎忠雄氏が登壇し、企業のデジタルITトランスフォーメーションへの取り組みを説明した。

  • 2017/06/01

    オンプレミスとクラウドをつなげる架け橋に―A10ネットワークス、「Harmony Controller」提供開始

     A10ネットワークス(以下、A10)は2017年5月29日、アプリケーションサービスとセキュリティを一元管理できる「Harmony Controller」を発表し、「Lightning ADC」とあわせて日本市場で提供開始する。

  • 2017/06/01

    勝手に値引きを期待していたユーザ

     この連載で2017年4月21日に掲載した「ベンダに期待だけさせて裏切ったユーザ」では、システム開発の上流工程を正式に発注し、作業を完了させたベンダに対し、後続工程も発注を期待させ、こちらについては正式な契約なく、一部の作業もさせていたユーザが、突如として作業を別のベンダに発注し、それまで作業をしていたベンダが損害賠償を求めるという事件について、ご紹介しました。

  • 2017/05/31

    ブロックチェーンは独自通貨を持つ企業国家を生み出す? GLOCOMの専門家にインタビュー

     ブロックチェーンはビジネスや組織、あるいは社会をどう変革しうるのでしょうか。独自通貨の発行、信頼の源泉が組織からアルゴリズムへ移るなど、刺激的な話題が飛び交うブロックチェーンの技術とビジネスの両面の可能性について、『ブロックチェーン・エコノミクス』の著者・高木聡一郎さん(GLOCOM)にうかがいました。

  • 2017/05/31

    レガシーな関係

    暮らしのITまんがです。

  • 2017/05/30

    5割弱の企業がクラウドストレージを利用する中、Dropboxが考える戦略とは

     クラウドストレージがないと、仕事にならなくなりつつある。仕事のワークスペースはDropboxを利用しており、これのおかげでどこにいてもどの端末でもほぼ同じように原稿を書くことができる。編集担当ともフォルダを同期しているので、リアルタイムで原稿の進捗を共有していたりもしている。他にも、いくつかの会社とはboxやGoogle Driveを使ってデータのやり取りをしているし、報道関連の資料がMicrosoft OneDriveで提供されることも多々。さらには、Amazon プライムフォトとApple...

  • 2017/05/30

    最も謎めいたデータベースベンダーに潜入してみた―SAPジャパン 新久保浩二さん

     5年ぶり2度目の登場となる今回のDBプロはDBオンラインの読者の皆さんならご存じ、新久保浩二さんだ。スーツを着こなし、パソコンを小脇に抱え、受付ロビーに登場した姿はいかにも「ビジネスマン」そのものだった。データベースが大好きな青年はSAPジャパンで大人へと変身したかのようだ。新久保さんにとって変わったもの、変わらないものは何か。

  • 2017/05/30

    各国で相次ぐ、個人情報保護に関する法改正の特徴は?IT部門が知っておくべき4つのポイント

     ここ数年、世界各国で個人情報保護法令の改正が相次いでいます。2017年5月末に国内の改正個人情報保護法が全面施行されるのに続き、欧州連合(EU)では、ちょうどその一年後の2018年5月に、EU一般データ保護規則(GDPR)の適用が開始されます。今回は、近年の法改正における特徴的なトレンドについて概観していきます。何をもってトレンドというかは議論の分かれるところかと思いますが、ここでは筆者の主観も交え、IT部門の方が知っておくべきと考える4つのポイントに絞って、GDPR等の要件を例に取りながら簡...

  • 2017/05/29

    ビッグデータ、AI、ブロックチェーンを活用、インフラは適材適所で。みずほ銀行が取り組むFinTechの今

     ここ最近、急激に耳にするようになった言葉の1つに「FinTech」がある。これはFinance(金融)とTechnology(技術)を合わせた造語だ。今、金融業界ではクラウドやビッグデータ、AI、ブロックチェーンなどの技術を活用し、ITによるデジタル変革を積極的に推進し始めている。ガートナーが主催した「ITインフラストラクチャ & データセンターサミット 2017」(4月28日開催)では、みずほ銀行 IT・システムグループ専門役員 加藤 昌彦氏が登壇し、みずほフィナンシャルグループ(以...

  • 2017/05/29

    SQL Serverの動作パラメータを把握しよう(前編)

     去年3月7日の衝撃の発表「SQL Server on Linux!」からおよそ1年、先日4月19日に開催されたイベントMicrosoft Data Amp にて、Linux版を含む次期SQL Serverの名称が「SQL Server 2017」になると発表されました。また新たなエンハンスとしてGraphサポート、Pythonサポート、さらにはGPUサポートなどの発表がありました。SQL Server上でGraphを活用したソーシャルネットワーク分析やIoTネットワークのモデリング、...

  • 2017/05/26

    リレーショナルとNoSQLのいいとこどり、Azure DocumentDBとは

     パブリッククラウドのPaaSにおいて、システム構築の鍵となるのはデータベースだろう。各クラウドベンダーはオンプレミスの世界で既に実績のあるデータベースだけでなく、独自のリレーショナル、NoSQLのデータベースを提供している。マイクロソフトもSQL ServerをIaaSの上で動かすだけでなく、SQL Serverと同様なリレーショナルデータベース「Azure SQL Database」をPaaSで提供している。そしてもう1つNoSQLのデータベース・サービスとして提供しているのが「Azure...

  • 2017/05/26

    いくつ知っていますか?マスターデータマネジメントの4つの効能と機能

     「MDM」。そう聞いてみなさんは何を連想されるでしょうか? もちろん「マスターデータをマネジメント」するものではありますが、「マネジメント」の対象は多岐に渡ります。人によって、その解釈もマチマチです。そのため、MDMプロジェクトを立ち上げる際には、MDMの対象範囲を正しく理解し、経営層、業務メンバー、ITメンバーで共通認識をもつことが重要です。今回はMDMの4つの側面、効能とそれを実現する機能について解説します。

106~120件(全4303件)
All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5