EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「DX最前線」連載一覧

6件中1~6件を表示
  • 2020/11/06

    【Salesforce Ventures・DNX Ventures共同調査】なぜB2B SaaSはコロナ禍でも強いのか?

     2020年10月13日、米国セールスフォース・ドットコムの戦略投資部門であるSalesforce VenturesはDNX Venturesと共同で実施した「新型コロナウイルスのSaaS企業への影響に関する実態調査」の結果を発表した。この記事ではその結果のハイライトと、同日に行われたB2B SaaSスタートアップ企業でありアンドパッド、カケハシ、サイカ、チュートリアルの経営者4人が語り合うパネルディスカッションの模様を紹介する。

  • 2020/09/14

    加速するヤマトホールディングスの物流DX、裏を支える5つのデータ戦略

     新型コロナウイルスの感染流行に伴う自粛生活でEC需要はこれまで以上に増加した。同時にその裏を支える物流ネットワークの重要性が改めて浮き彫りになった。私たちの新しい日常で、なくてはならない社会インフラを提供する物流各社であるが、業界大手のヤマトホールディングスはデータドリブン経営への転換を含む改革を加速させている。具体的な取組内容について、同社のデータサイエンス組織のリーダーの中林紀彦氏に訊いた。

  • 2020/07/16

    戦略の舵を切ったServiceNow、ビル・マクダーモット体制で「サービス体験」提供企業へ

     ITサービスマネジメント(ITSM)を中核にSaaSアプリケーションビジネスを展開しているServiceNow。IT部門の運用管理者にはお馴染みのベンダーであろう。実は2018年を境に同社は事業領域を整理しなおして、IT、Employee、Customerの3つに定義した。その狙いや現在のServiceNowの製品について、ServiceNow Japanの高橋卓也氏に訊いた。

  • 2020/02/14

    「ITに詳しくない人のためのDX本」を書いた西田さんに訊く──DXで何が変わるのか

     デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性は多くの企業経営者が認識していることであろう。その一方で、DXという言葉は一般のビジネスパーソンには、なかなか難しいようだ。2019年11月に刊行された『デジタルトランスフォーメーションで何が起きるのか 「スマホネイティブ」以後のテック戦略』は、この問いに正面から挑み、DXがもたらす価値に焦点を当てた本である。著者でテクノロジーに精通するITジャーナリストの西田宗千佳氏に、必読のポイントを尋ねた。

  • 2020/01/24

    リカーリングビジネスで新たな収益基盤をめざすKDDIテクノロジー

     KDD研究所(現・株式会社KDDI総合研究所)を前身に1988年に設立されたKDDIテクノロジー。同社はKDDIが開発した最新技術を商用化するというミッションを担う。これまで個別の開発案件対応を中心としたビジネスを展開してきた同社が、どのようにソフトウェアの商品化を進めてきたのか。ソフトウェアビジネスの裏側を支えるライセンス管理についても合わせて聞いた。

  • 2019/12/27

    停滞する出版業からDXを果たし急成長【鎌倉新書×チームスピリット対談】

     チームスピリット創業者の荻島 浩司氏が株式会社鎌倉新書 代表取締役COO 小林史生氏にデジタルトランスフォーメーション(DX)をテーマにインタビューを行った。仏教の専門書籍出版社としてスタートした鎌倉新書であるが、その後2回のビジネスモデルの変革を行い進化してきた。そして今、デジタルトランスフォーメーションともいえる三度目の変革期を迎えている。

1~6件(全6件)
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5