EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

運用管理に関する記事とニュース

165件中81~100件を表示
  • 4012arena.jpg
    2012/05/31

    Pulse Japan 2012 -- 秋田市長 穂積志氏がスマートシティ・プロジェクトを語る

    2012年5月18日、IBMのカンファレンス「Pulse Japan 2012」が「—ITの力をビジネス価値へ—クラウド、モバイルから社会インフラまで。あらゆるインフラを最適化!」と題して開催された。午前中に行われた基調講演・特別講演は、今年のPulse Japanのテーマであるクラウド、インフラのスマート化、モバイルと、同時開催された「IBM セキュリティー・コンファレンス2012」からセキュリティーを主題に語られた。

  • 3865arena2.jpg
    2012/03/29

    IBM、5月18日開催「Pulse Japan 2012」にて、<br />ITの力をビジネス価値に転換するインフラ管理を提案

    2012年5月18日開催の「Pulse Japan 2012」は、現在の企業、社会が抱える課題をITの力により解決するヒント、事例が満載されたものになる。中でも重要テーマと位置づけられているのがクラウド活用、モバイルを含めたエンドポイント管理、企業資産と社会インフラの管理、セキュリティーだ。

  • 3793arena.jpg
    2012/03/01

    クラウド時代のデータセンターの運用管理課題に応える日立JP1

    クラウド時代のデータセンター運用管理は、物理環境と仮想環境の混在、迅速で柔軟なリソース変更の要求などで複雑化している。その課題は構築、監視、運用のフェーズに分けることができるが、中でも重要になるのが運用の効率化だ。それぞれの課題解決の方法を、運用管理製品ではシェアトップを続けている日立のJP1を例に考察する。

  • arina.jpg
    2012/01/24

    マンガで学べる中小企業のためのIT資産管理術

    取引先、会計監査や税務関連の業務などで急に要求される「IT資産状況の報告」やIT資産が増加するのに伴い、年々負担が増える棚卸業務。さらには、不正インストールやウィルスの侵入などセキュリティ課題&hellip;&hellip;。こうした中小企業が抱えるIT資産やセキュリティに関する課題に、いかに対処すればいいのでしょうか。「IT資産管理」の課題とその対策について、マンガで分かりやすく解説します。あなたの会社のIT資産はしっかり管理されていますか?

  • arina2.jpg
    2011/10/14

    今あらためて問われる運用管理の重要性

    企業ITの世界では、時勢に応じて多種多様なテクノロジーが注目を浴びてきた。皆さんの職場でも、これまで多くのシステムを導入してきたに違いない。ところで、それらは今でもきちんと目的を果たしているだろうか。部屋の片隅で埃をかぶっていないだろうか。差し迫った課題に対応するために導入したシステムはしばし運用という側面をおろそかにされがちだ。しかし、運用の視点なくしてシステムが真価を発揮することはない。先の震災以降は「事業継続」というテーマが急速に人々の関心を集めている。今こそ、運用管理の重要性を再確認した...

  • arina.jpg
    2011/08/31

    マンガで学べる!中小企業のためのセキュリティ管理とIT資産管理

    個人情報の漏えい、ウイルス被害、ソフトウェアの不正インストール・・・。もし実際に起きてしまった場合、会社の損害や取引先の信用問題など会社に与える影響は甚大なものになりかねません。こうしたリスクを未然に防ぐ「セキュリティ管理」と「IT資産管理」の重要性について、マンガで分かかりやすく解説します。あなたの会社の大切な個人情報やPCは守られていますか?&nbsp;

  • itiday0722arena.jpg
    2011/08/31

    運用効率化に向けて ~標準化と自働化によるアプローチ~

    2011年7月22日「IT Initiative day 2011 運用管理Special」が、&ldquo;リスク対応戦略としての運用管理&rdquo;をテーマに開催された。CTCシステムサービス株式会社 営業開発本部 営業企画部 部長の楠川宜玄氏のセッションでは「運用効率化に向けて~標準化と自働化によるアプローチ~」と題し、システム運用の効率化実現に向けた2つの方策「運用標準化のための手法」と「運用負荷軽減テクノロジ」が紹介された。

  • itiday0722arena.jpg
    2011/08/30

    「監視」「ジョブ管理」「運用プロセス」を改善するTipsとは?

    2011年7月22日「IT Initiative day 2011 運用管理Special」が、&ldquo;リスク対応戦略としての運用管理&rdquo;をテーマに開催された。株式会社野村総合研究所 システムマネジメント事業本部の寺井忠仁氏は『「監視」「ジョブ管理」「運用プロセス」を改善するTipsとは?』と題したセッションで、NRIの事例も交え、IT運用の効率化について提言を行なった。

  • 3382_a.jpg
    2011/08/23

    アジャイルでのリーダーシップと問題解決!そして原点となるトヨタ生産方式へ~Agile 2011 Conference

    8月8日から12日までの5日間にわたって米国ユタ州のソルトレイクシティで開催されている世界最大級のアジャイルイベント「Agile 2011 Conference」。現地レポーターの藤原大と川口恭伸が世界におけるアジャイルの今を探ります。本稿では、カンファレンス3日目のセッションの中から、日本人発表者のものを含む3つのセッションを紹介します。 &nbsp;

  • 3359_a.jpg
    2011/07/29

    パフォーマンスを上げるための組織作り(運用・活用編)

    過去2回で人財の可視化の実現方法について説明しました。実際にスキルを棚卸し可視化フレームワークで自分の強み弱みを客観的にみたり、人財マップの全体像をみるとなるほどと思うことは多くあります。そこで今回は、「パフォーマンスを上げるための組織作り(運用・活用編)」として、可視化された人財像から何を読み取ってどう生かしていくかについて考えてみましょう。

  • 3360arena.jpg
    2011/07/27

    第5回 システム管理者感謝の日イベント

     ITシステム管理者をバックアップするために7月の最終金曜日に開催された「システム管理者感謝の日」。7月21日には第5回となる「システム管理者感謝の日イベント」が開催された。今年のテーマは「集まれ若いチカラ!システム管理者のための夏期講習!」。テーマどおり会場には、若いシステム管理者の姿も多く見られ、大いに賑わった。その模様を紹介する。

  • 3279_a.jpg
    2011/07/05

    投資対効果を出さないベンダー、SIerとは付き合うな~10分でわかる運用管理ツール市場のトレンド

    「開発1年、運用10年」。企業システムに必要不可欠な仕事を支える運用管理ツールに数年前から大きな変化が起きています。サーバー管理、ネットワーク管理、ジョブ管理といった定番の機能は健在ですが、ベンダー間の差別化競争はサービスマネジメントという新しい舞台に移りました。そして、この変化の背景には欧米を中心とした企業の情報システムに対する考え方があるようです。同分野に詳しいテクノ・システム・リサーチのシニアアナリスト 幕田範之氏に話を聞きました。

  • jp1arena.jpg
    2011/06/30

    JP1 V9.5はハイブリッドなクラウド環境、多様化するビジネス環境への対応を強化

     日立製作所は6月29日、統合システム運用管理製品「JP1」をバージョンアップすると発表した。「V9.5」として発売される製品で強化されるポイントは「進展するクラウド環境への対応」と「多様化するビジネス環境への対応」だ。その概要と、今回のバージョンアップの意図につて担当者に話を伺った。

  • 2011/04/19

    日立と日本オラクル、大規模データベースシステムの運用管理構成モデルを提供開始

    日立製作所と日本オラクルは、日立の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」とオラクルのデータベースマシン「Oracle Exadata」を組み合わせたシステムの検証を共同で実施し、両社はその検証に基づいて、両製品の検証済みの運用管理構成モデルであるリファレンスアーキテクチャを販売パートナー各社に4月20日から提供するという。販売パートナー各社は、システムの最適モデルとしてリファレンスアーキテクチャを利用して、ユーザー企業への提案を行うことになるという。 &nbsp;

  • 2690a.jpg
    2010/12/14

    クラウド的ユーザー体験に欠かせない運用ツールとは

    本格的なクラウド時代の到来を前に、今企業システムのあり方が変わろうとしている。 その要となるのが仮想化技術であり、企業システムを仮想化するための環境も整いつつある。しかし、単純にシステムを仮想化しただけで十分な効果は得られるだろうか?また、システムを仮想化したことで、顧客が期待するようなサービスが本当に提供できているのだろうか?日立製作所の鎌田義弘氏は、仮想化導入の効果を発揮するための運用管理について解説した。 &nbsp;

  • 2010/12/13

    ユニアデックス、運用管理業務の新サービス「統合システムマネジメントサービス」を提供

    ユニアデックスは、システム障害の切り分けが物理的に特定しづらいクラウド時代の運用管理業務を可視化し、瞬時に障害発生と影響度を把握、障害の未然防止も可能となる業界初の「統合システムマネジメントサービス」を、2011年1月から提供開始する。 &nbsp;

  • 2691a.jpg
    2010/12/13

    クラウド時代に求められるIT運用の自動化・標準化

    クラウド・コンピューティングが注目される中、システムの仮想化が進みIT運用はさらに複雑化している。そのため運用現場では、仮想化環境特有の運用業務への対応や、インフラを共有することによる運用標準化、障害原因発見の迅速化などの新たな課題が発生している。その解決に必要な視点は「運用の自動化・標準化の推進」「運用プロセス・品質カイゼン」であり、そこでは有用な運用管理ツールの活用がキーになる。

  • 2599_a.jpg
    2010/11/19

    ブレードサーバを効率よく運用する-サーバ管理について学んで見よう

    サーバの高性能化に伴い、今ではブレードサーバや仮想環境でのサーバ運用が当たり前になっている。今回は、サーバに特化した運用管理について解説する。

  • 2621_a.jpg
    2010/11/18

    システム運用管理者の地位を向上させるためには?

    システムを利用する人々の多くは、システムがキチンと動くことを「当たり前」と考えており、そのことに関心を払う人はほとんどいません。そして、人間は興味が湧かないモノに対する価値を低く捉える傾向があります。システムの運用管理の地位向上の鍵はこのあたりにありそうです。

  • 2655_a.jpg
    2010/11/11

    可視化と一括操作の実現でサーバー仮想化の効果を最大化

    サーバーをはじめとするITインフラの仮想化は、リソースの動的な活用を可能にするなど、IT投資を最適化すると期待されている。その一方、可用性や性能・拡張性、運用・保守性など、仮想化による効果が大きい要素ほど、移行による影響が大きいのも事実。そこで有用と期待されているのが、エンタープライズレベルでの仮想環境の可視化と一括操作を実現するJP1とCosminexusの組み合わせだ。今回は、仮想化環境における情報システム部門の運用と構築の両面の課題について、日立製作所の村井和男氏に話を聞いた。

165件中81~100件を表示
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5