Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「IT Initiativeスペシャル」連載一覧

161件中46~60件を表示
  • arena.gif
    2010/10/07

    日本オラクルに訊く、‘第二次’ERPブームの背景 中堅中小企業がERP導入を検討しはじめた本当の理由

    近年、改めてERPが注目されている。第一のERPブームは1998 ・1999年がピークで、2000年問題と会計ビッグバンのタイミングが一致した時期だった。ただ当時ERPパッケージを導入したのは大企業が中心で、最近まで中堅中小企業は対象外とみられてきたのも確かだ。現在、再び ERPが注目されている背景について、日本オラクルの桜本利幸氏に話を訊いた。

  • arena.gif
    2010/10/06

    日本のクラウドセキュリティ事情

    クラウドコンピューティングの普及にあたって、避けて通れないのがセキュリティリスクとその対策である。想定されるリスクや対策については、すでにさまざまな企業、専門家、メディアから情報が発せられている。今回の鼎談では、情報セキュリティに関する専門家に集まっていただき、クラウドコンピューティングのセキュリティについて、企業としてどのようにとらえていくべきなのかを議論してもらった。

  • hp.JPG
    2010/10/06

    プロセス自動化でクラウド時代の運用管理を効率化するHP Software

    クラウド時代のIT 部門には、サービスマネジメントを意識したIT 運用が求められる。仮想化技術、クラウドサービスの利用で複雑化するIT環境をどのように効率よく運用しながらコストを削減していくかが日々の運用においては重要となるが、運用管理における最近の「自動化」技術はこの課題に応えることができる。 HP Software は、クローズドループ・インシデントプロセスとプロビジョニングの自動化を中心に、体系だったソリューションを提供している。

  • 2498_a001jpg.jpg
    2010/10/05

    クラウド時代に求められる運用管理とIT部門の役割

    SI市場において仮想化の勢いが衰えることはなく、導入企業は増加の一途を辿っている。しかし、大方の企業は限られた一部のシステムに仮想化を適用するに留まり、十分な導入効果を得るに至っていない。部分的な導入や試験運用を終えた企業にとって、今後は運用フェーズでいかに効果を引き出すかが課題となるだろう。今後本格的なクラウド時代を迎えるにあたって、仮想化の効果を最大化する運用のあり方とはどのようなものか、またIT 部門にはいかなる役割が求められるのかについて本稿で考察しよう。

  • arena.gif
    2010/10/05

    クラウドコンピューティングとリスクマネジメント

    クラウド、クラウドコンピューティング・・・最近、これらの言葉を目にする機会が多くなった。また、iPhoneやAndroid携帯等のクラウドサービスを使いこなすためのツールもたくさん出始めて、仕事や生活の一部としてどんどん浸透している。本稿では、クラウドコンピューティングとリスクマネジメントとの関係および、CSA日本支部としてのリスクマネジメントに対する取り組みを紹介したい。

  • arena.gif
    2010/10/04

    情報マネジメントの視点で見るクラウドコンピューティング

    グローバルな企業活動をサポートするためには、俊敏性と柔軟性を備えた情報システムが必須であり、クラウドコンピューティングの導入は避けて通れない。さまざまな技術と共に製品やサービスが紹介されるクラウドコンピューティングが注目を浴びている一方で、技術だけでなくコンプライアンスに即した企業情報システムとしてクラウドサービスや技術を導入することが求められている。

  • IBM01.jpg
    2010/10/01

    仮想化/クラウド時代のIBM サービス・マネジメント

    IBMはITがビジネスに貢献するには、サービス・マネジメントがポイントになると強調してきた。それはクラウド時代に入っても同様であり、システムが見えなくなる仮想化により、その重要性はさらに増していくことは間違いない。そうした流れに沿い、IBMのTivoliも運用管理ツール群から、サービス・マネジメントのためのプラットフォームへと進化してきた。ここでは、IBMが考えるクラウド適用のステップと、それぞれのニーズに対応したTivoli の例をご紹介する。

  • arena.gif
    2010/10/01

    クラウド時代の企業リスク

    クラウドコンピューティングは、2006 年にグーグルのCEOであるエリック・シュミットが発表したエッセイで語られた言葉だ。グーグル、アマゾン、セールスフォース、マイクロソフト、ヤフーの5つ企業が提供するクラウドサービスによって、世界中で必要なコンピュータリソースを賄うことができるだろうとの意見もある。クラウドコンピューティングによって、企業はITに関する設備投資や運用コストを削減でき、ユーザーは面倒なソフトウェアの設定やアップデートから解放され、電気や水道を使うように、コンピューターリソースを消...

  • arena.jpg
    2010/10/01

    中堅中小企業のグローバルな経営基盤構築を支援

    インフォアは、生産管理や業績管理、会計、アセット・マネジメント、さらにはSCMやSRM(Supplier Relationship Management)、そして業種に特化した在庫管理や物流管理、倉庫管理ソフトなど幅広い業務用エンタープライズソリューションを提供する、グローバルなソフトウェアベンダーだ。同社は、それぞれの業種、または特定業務エリアにおいて実績があったアプリケーションパッケージ製品を買収することで、製品ラインナップを拡充し大きく成長してきた。

  • arena.gif
    2010/09/28

    いまこそERPが経営に役立つとき

    これまで、時間もコストもかかるといわれてきたERPの導入。最近では、ERP製品の進化、導入手法の進化によって、以前よりもずっとハードルの低いものになっている。いまあらためてERPの導入を検討するために、 ERPが企業経営におよぼす影響とメリットを紹介しよう。

  • 2496_001.jpg
    2010/09/16

    クラウドの新たな可能性を広げるAzureアプライアンス

    Windows Azureは、オンプレミスとのギャップが小さく開発者の参入敷居の低いサービスだ。さらに、パートナーや企業のデータセンターでもサービスを提供することで、一度作成したアプリケーションがどこでも動くというポータビリティ性が強化される。このWindows Azureの新たなパートナー展開の目指すところは何か、さらには今後の展望についてマイクロソフトの吉川顕太郎氏に話を伺った。

  • 2526_01.gif
    2010/09/14

    iPadでビジネスインテリジェンス

     BIツールベンダとしていち早くiPhone/iPad版を無償公開したマイクロストラテジー。  今回、そのデモと紹介のために来日した同社のポール ゾルファガーリ氏に話を聞きながら、iPadアプリの「MicroStrategy Mobile」を触ってみた。

  • arina_cloud.gif
    2010/07/13

    普及期を迎えたエンタープライズ・クラウド

    “持たざるIT”の推進が自社のITインフラにもたらすメリットに着目して、クラウド・コンピューティングの導入を本格的に検討し始める企業が増えている。クラウドという大きな潮流、パラダイムは企業のIT部門が担うシステム/アプリケーションの企画・構築・運用のあり方をどのように変革し、またIT部門の役割をどういった方向に変えていくのか。本稿では、エンタープライズ・クラウドの要点整理を行ったのち、現時点での国内企業における導入・利用状況を示しつつ、導入時の重要な考慮点を示したい。

  • Arena2_unisys.jpg
    2010/07/08

    クラウドで本格化した日本ユニシスのICTサービス事業

    日本ユニシスは近年ICTサービス事業に参入し、クラウドコンピューティングへの取り組みを本格化している。長年、日本の大規模システムを支えてきた日本ユニシスが提唱する、活用重視の「リアルクラウド」とは何か。日本ユニシス株式会社 ICTサービス本部 基盤サービス部長の廣田博美氏に聞いた。

  • emc.JPG
    2010/07/08

    サーバー集約だけでなく、さらなる仮想化活用によるプライベート・クラウドの実現

    国内においても仮想化でサーバー集約を実現し、様々な効果を得ている成功事例がすでに数多くある。こうした企業では、さらなる仮想化の活用を考え、次なるステップを踏み出そうとしている。より仮想化を活用するにはどんなことに注意すべきか、そして、さらに既存環境を仮想化インフラ基盤へと発展させ、ITの維持から利用中心に変革するプライベート・クラウド実現のためには、何を行う必要があるのか。

46~60件(全161件)
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5