Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Columnに関する記事とニュース

235件中121~140件を表示
  • dboltanikawa.gif
    2013/05/21

    ビッグデータにはもう幻滅?ガートナー調査にみる、日本企業のビッグデータに対する意識

    「ビッグデータ」という言葉、そろそろ食傷気味という読者も多いのでは。そんな中、ガートナー ジャパンが「国内の企業ユーザーのビッグデータに対する意識に関する調査結果」を発表した。この中で、2015から2017年にはビッグデータが新たな常識になると予測。また、ビッグデータは、ガートナーのハイプ・サイクルにおける「幻滅期」に入ったとも指摘している。

  • 4781_a.jpg
    2013/05/20

    エンジニアになるつもりじゃなかった…僕がデータベース・エバンジェリストになった理由~アシスト 関俊洋さん

    今回登場するのは、アシストのデータベース・エバンジェリストの1人、関俊洋さん。DB Onlineでもおなじみのプロ中のプロ、というイメージだが、最初はエンジニアになろうと考えていなかったという。

  • 4814_a.jpg
    2013/05/17

    キーワードは「トライブ」と「予測市場」、IT部門はその変化に追随できるのか

    リサーチ会社のアイ・ティ・アールが、年次カンファレンスである「ITRエグゼクティブ・フォーラム IT Trend 2013」を開催した。基調講演のステージに登場したアイ・ティ・アールの代表取締役 プリンシパル・アナリストの内山悟志氏は、日本のITを取り巻く現状について解説し、今後10年でどのような変化が訪れるのか、さらにはその変化の中でITシステム部門はどう進化すればいいかについて講演を行った。

  • dboltanikawa.gif
    2013/04/23

    Evernoteはエンジニアにかなり優しい/データサイエンティスト育成はじまってます

    みなさんは、Evernoteを利用しているだろうか。Evernoteは、ノートをとるように気軽にさまざまな情報を蓄積できるクラウドサービスだ。スマートフォンなどに専用アプリケーションを入れれば、気になるWebページなどがメモをとるように簡単に蓄積できるようになる。情報の蓄積という意味では、これもまたデータベースの1つと捉えてもいいかもしれない。専用アプリケーションだけでなく、さまざまなアプリケーションがいまやEvernoteと連携しており、簡単な操作で情報をEvernoteに渡せる。この簡単さが...

  • dbolgomi.gif
    2013/04/19

    日本のユーザはめんどくさくないですか? ―パロアルトネットワークスCTOに訊く"ニッポンのIT"の印象

    日本のユーザは品質に厳しい - 外資系ベンダのトップを取材するとこういうコメントが返ってくることが少なくありません。額面通りに受け取ると、徹底的に良い品質にこだわるものづくりの姿勢や職人文化が評価されているように聞こえますし、事実、そういう部分も多分にあると思います。しかし一方で、明らかに質の悪い製品やサービスにクレームを付けるならまだしも、きちんと動いているシステムに対しても詳細な説明を求めるユーザも存在します。ある外資系ベンダの方から聞いた話ですが、「ハードウェアが故障したのになぜかOSの不...

  • dboltanikawa.gif
    2013/04/15

    あのソフトバンクのNo.1の裏にはビッグデータを分析したインテリジェンスがあった

    ビッグデータの活用、もう聞き飽きるくらい耳にしている。とはいえ、本当に活用し成果を上げている話はまだまだ多くない。そんな中、うちはビッグデータを活用し「No.1になった」という話をしたのが、ご存じソフトバンク株式会社の代表取締役社長 孫 正義氏。そう、ここ最近、頻繁にTV CMで流れている「つながりやすさNo.1へ」というあれだ。

  • dboltanikawa.gif
    2013/04/03

    ビッグデータ活用はExcelで、マイクロソフトは「Big Data Everyone」

    先日、ビッグデータ関連の製品ベンダー担当者、ビッグデータの市場動向などを調査するアナリスト、そしてビッグデータについて取材、執筆活動を行っている記者といった面々が東京恵比寿のとあるお店に集まり、食事をしながら「ビッグデータって実際のところどうですか?」について語り合った。私も運良くこの会合に参加でき、日頃取材して感じていることを、お酒の力も借りながらちょっと過激にさらけ出してきた。そんな様子、Ustreamで中継したらけっこう面白くて視聴者も大勢獲得できるのではとも思ったり。とはいえ、中身がオー...

  • 4675_a.jpg
    2013/04/01

    オバマ大統領の再選を支えたAmazonクラウドの舞台裏

    「Obama for America」とは、昨年行われた米国大統領選挙における、オバマ大統領の選挙本部のこと。この選挙、日本とは大きく異なり、最大限にソーシャルネットワークやインターネットを活用したものとして有名だ。実際にはそれらだけでなく、さまざまなITシステムが活用された。Obama for Americaが利用したITシステムの数は200を超える。そして、それらシステムが稼働していたのがAmazon Web Servicesのクラウドの上だった。

  • dbolgomi.gif
    2013/03/22

    日々是格闘! 未知なる脅威の発見に全力を尽くすRSAの超精鋭チーム"FirstWatch"

    花粉症とはまったく無縁だった人生が一転、先週からマスクマンの仲間入りを果たしてしまいましたワタクシですが、いやー本当につらいんですねこれ(涙)。2週間の海外出張を終えて東京に戻るやいなや発症してしまい、ただでさえ足りない集中力がますます途切れがちになり、手を付けていない原稿が溜まる一方という、絵に描いたような悪循環に陥っております。  

  • dboltanikawa.gif
    2013/03/22

    データベースマーケットはDWHとBIが活況。あと最近話題のカスタマー・エクスペリエンスってなんだ?

    アベノミクスで株価は上昇、インフレ傾向にあることも連日報道されている。あいにく、自分の周りではその影響というか恩恵というかはまだまだ実感がないところだが、徐々にビジネスに好影響が出てくれることを期待している。とはいえ、経済動向が良い状況になっても勝ち組と負け組はいるわけで、確実に勝ち組に入れるよう努力しチャレンジしていかなけれならない。景気が良くなることに対し待ちの姿勢でいては、その時点ですでに負け組かもしれないので要注意。

  • 4653_a.jpg
    2013/03/14

    Wikipediaにとって最も大切なのは"フリー"であること - 「RSA Conference 2013」ジミー・ウェールズ基調講演

    想像してみてほしい、この地球上のすべての個人が、人間が生み出したすべてのナレッジの集積に自由にアクセスできる世界を - 2月27日、米サンフランシスコで開催された「RSA Conference 2013」の基調講演に登場したジミー・ウェールズ(Jimmy Wales)氏はその冒頭、満席の聴衆に向かってWikipediaのビジョンをあらためて表示して見せた。

  • dboltanikawa.gif
    2013/03/04

    コンピューターテクノロジーの世界にこのひとあり、ウォズニアックが日本にきたぞ!

    DB Onlineでも何度か取りあげている、フラッシュストレージベンダーのFusion-io。2月28日に、データセンターやクラウド事業者向け新製品、ioScaleシリーズの提供開始を発表した。Fusion-io製品は、サーバーのPCI Expressスロットに直接接続するフラッシュメモリを使ったストレージ。これまで最大3TB容量のエンタープライズ市場向け「ioDriveII」、420GBの容量で3D映像の制作などの用途で威力を発揮するワークステーション市場向け「ioFX」を提供してきた。これら...

  • 4596_a.jpg
    2013/02/25

    ラグビー日本代表のデータ分析力―分析結果をいかに選手にフィードバックするのか

    ラグビー日本代表のデータ分析について、ストレングス&コンディショニングコーディネーター ジョン・プライヤー氏に話を聞くことができた。前編ではおもに、どのようなデータを収集しているのかについてきいたきた。後編では、具体的なデータ活用について掘り下げていく。

  • dboltanikawa.gif
    2013/02/19

    グループウェアに加えkintoneがもう1つのクラウドの柱に―サイボウズの戦略を読む

    先週のバレンタインの日、サイボウズが2012年12月期の決算および事業説明会を開催した。16期となったこの期から、決算時期を1月末から12月末に変更している。その理由の1つが、今後の海外進出を考慮すると、欧米企業で一般的な12月末決算にしたほうが都合がいいから。つまりは、サイボウズの青野社長、海外へのビジネス展開が確実に視野に入っているわけだ。あまり元気のない日本のIT業界において、なんとも頼もしい存在と言える。

  • dbolgomi.gif
    2013/02/15

    Zabbixは日本人になじみやすい監視ツール - ミラクル・リナックスの中の人にZabbixの良さを聞いてきました

    週刊と銘打っておきながら、すっかり月刊と化している本コラムですが、打ち切りになったわけではなく(たぶん)、ネタ探しと執筆のバランスがうまくとれず……ってただの遅筆です。申し訳ございません。このままダラダラし続けるとさすがに打ち切りにされてしまいそうなので、これからはなるべく週刊に近づけるペースで執筆をがんばります(キリッ

  • dboltanikawa.gif
    2013/02/05

    SAPにEMC・・・業績好調な海外ITベンダー多数、勢いのある海外勢に日本勢はどう動けばいいのか

    2013年も、早くも1ヶ月が過ぎた。12月末で決算を迎えた外資系IT企業の多くが、業績の結果を発表している。どの企業も概ね好調なようで、発表文の中には「過去最高」なんて単語も見え隠れする。海外では、リーマンショックの落ち込みから、すでにだいぶ快復してきたということなのだろう。日本もアベノミクスで、株価だけは急激な上昇傾向にある。東日本大震災以降の落ち込みを、これでやっと回復するきっかけを掴めるのだろうか。株価は上がっているけれど、まだまだIT業界に景気のいい話は聞こえてこない。景気のよさを実感す...

  • 4489_a.jpg
    2013/02/04

    ラグビー日本代表のデータ分析力、「勝つための戦略」はこうして作られる!

    パスはボールを前には投げてはいけない、時には脳震とうで倒れてしまうくらいの激しいタックル、素人目には中で何が行われているのかさっぱり分からないスクラム。これらはもちろんラグビーのことだ。大きな選手が激しくぶつかり合う姿を見ていると、パワー、スピード、そして根性や精神力という言葉が似合いそうなスポーツだ。ところがそんなラグビーに、かなり印象とは異なる部分が出てきている。勝利を得るためにもっとも重要なのは、身体の大きさや体力、スピードといった個々の選手の身体能力だろう。それに加え選手は、広い視野を持...

  • dboltanikawa.gif
    2013/01/22

    欧米はHadoopをきっかけに、日本とはビッグデータ活用へのアプローチが異なるという現実

    「ビッグデータという言葉は、特別に新しいものではありません。2000年か2001年には生まれたもので、すでに12、3年も使われています」と言うのは、HPのビッグデータソリューションの1つ「HP Vertica」のマーケティング担当バイスプレジデント クリス・セランド氏だ。ビッグデータはたんにボリュームが大きいデータというだけではなく、ベロシティ(頻度)、バラエティ(種類)も大きく、それが増え続けている。どんどん増えてしまうので、企業はなかなかそれを戦略的に活かすことができないのが現状だ。

  • dboltanikawa.gif
    2013/01/07

    2013年ビッグデータ予想―ビッグデータは「溜めたら負け」?/Amazon Redshiftがもたらす影響は

    新しい年が始まった。新しい政権のもと、とにかく経済再生が優先されることに。そうなれば、IT業界においてもなんらか市場の活性化期待されるところだ。せめて物価上昇率程度の見積書金額の増加ができないものかと思案中だったりもする。そんな中、今年のIT業界を牽引するキーワードとしては、引き続き「ビッグデータ」が本命だろう。クラウドも頻繁に登場はするが、もはやこれは当たり前のもの。クラウドで新たなビジネスが生まれる、というものではもはやなさそうだ。もちろんビッグデータも、夢のような世界が待ち受けているわけで...

  • dboltanikawa.gif
    2012/12/18

    さて、来年のIT投資はどうなるのか

    2013年の景気動向はどうなるのだろうか。その中でもIT投資は? IT業界にいる身としては、企業のIT投資動向は気になるところ。12月5日、ITRが「国内IT投資動向調査2013」という報告書を作っているそうで、その内容の要点についての説明会があった。この調査、2001年から開始して、今回で12回目を向かえるというもの。この調査をもとに、来期の予算立てやマーケティング戦略を立てるといったベンダーもたくさんいると、ITRの内山悟志代表取締役は言っていた。

235件中121~140件を表示
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5