Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Columnに関する記事とニュース

235件中81~100件を表示
  • dboltanikawa.gif
    2013/12/09

    今年のIT投資はリーマンショック前まで回復したらしい/日本の経営層はITをぜ~んぜん信用していない?

     年末を控え、今年を振り返る話題が増えてきた。中でも是非とも状況を把握し、次年度ビジネス計画に反映させたい数字が、ITRの発表した「IT投資動向調査2014」。「国内のIT投資は、リーマンショック以降全体的に低成長だったものが、今回大企業を中心に久々に回復しました。アベノミクス効果というのが、あるのかもしれません」―調査を行ったアイ・ティ・アールのシニア・アナリスト 舘野真人氏は、昨年段階ではネガティブに考えていたが、今年に入って実際の数字をとってみたら少しプラスに転じていたと言う。数字的にはリ...

  • dboltanikawa.gif
    2013/12/03

    インメモリ市場、トップの座を手に入れるのは誰だ/現実のデータサイエンティストっていったいどんな人

     あっというまに12月。今年も残り少なくなり、やり残したことがいくつも頭に浮かぶ。いまさら焦ってもしょうがない。残ったものは、改めて来年の予定に組み入れるしかなさそうだ。各ベンダーからの発表も、そろそろ年末モード。特に外資系ベンダーはクリスマス休暇の時期を目前に控え、今週、来週までで年内の発表はほぼ終わりだろう。そろそろ、今年の振り返りと、来年の展望といった記事もきちんと書かなきゃなぁと。

  • dbolgomi.gif
    2013/11/29

    ひつじ、雲に乗る - NTTドコモのクラウド進出をもふもふと支えるAWSのスケールパワー

     NTTドコモはAWSのビッグユーザ、数千単位のEC2インスタンスを利用している - 11月中旬、米ラスベガスで開催されたAmazon Web Servicesの年次カンファレンス「AWS re:Invent 2013」は世界中から9,000名を超えるユーザ/パートナーを集め、大盛況のうちに幕を閉じました。期間中、いくつもの新サービスやアップデート、事例が発表されたのですが、筆者が個人的にいちばん衝撃を受けたのはこの"ドコモ on AWS"宣言でした。何に驚いたかって、あの「...

  • 5416_a.jpg
    2013/11/27

    大盛況のDreamforce、マリッサ・メイヤーとシェリル・サンドバーグがベニオフと語った!リーダー論、女性論

     先週は、Salesforce.comの年次イベントDreamforce 2013に参加するため、米国サンフランシスコを訪れていた。雨の季節に入ったとはいえ、2日間にわたりかなりの量の雨となり靴までびしょ濡れに。こんな経験は、何度もサンフランシスコに来ていて初めてだった。生憎の雨ではあったが、Dreamforceは大盛況。CEO マーク・ベニオフ氏のキーノートセッションは、私が経験した中でももっとも混み合っているキーノートだった。

  • 5383_a.jpg
    2013/11/26

    データでお酒が飲めますか?データサイエンティストになれる人ってこんな人―SAS Institute Japan 三善心平さん

     今をときめく職種、データサイエンティスト。SAS Institute Japan(以下、SAS)ソリューションコンサルティング第一本部 Information Management & Analyticsグループ 分析チーム 三善心平さんもその1人だ。どのようにしてデータサイエンティストになったのか。日々どのような分析をしているのか。必要な素養はなにか。お話をうかがった。

  • koga.gif
    2013/11/25

    メモリダンプは語る

     こんにちは。今月は紹介する案件は、つい最近私が遭遇したメモリダンプにまつわるお話です。メモリダンプにはトラブルシューティングに必要な情報がたくさん詰まっており、お客様へ採取依頼をすることがよくあります。

  • dboltanikawa.gif
    2013/11/19

    クラウドサービスベンダーでトップを突っ走るAmazon Web Servicesのあらたな動き

     相変わらずIT業界は、秋のイベント満載期間が続いている。12月の初旬くらいまでは、この状況は続くだろう。ベンダーやSI会社などは、これらイベントをきっかけに今期中のビジネス成立のための最後の追い込みと、来期の予算獲得に奔走することになるのだろう。そんなことを考えていると、ああ今年も残り少なくなったなぁと実感することになる。

  • 5334_a.jpg
    2013/11/15

    スマートフォン市場をリードするハイブリッド技術者になろう!―CyberZ 中村智武さん

     今回登場いただくのは、CyberZ スマートデバイステクノロジー事業部 プロダクトマネージャーの中村智武さん。Oracle Databaseどっぷりの世界にいた中村さんを変えたあるきっかけとは?

  • 5328_a.jpg
    2013/11/05

    Internet of Everythingの時代がやってくる!/YOSHIKIが語るイノベーション

     前回も紹介したように、秋はIT関連のカンファレンス・イベントが花盛り。そんな中、先週はここでも紹介した「Salesforce Customer Company Tour」に参加してきた。いつも威勢の良いSalesforce.comのCEO マーク・ベニオフ氏が、いったいどんな話をするのかに関心があったから。これまでは、少し毒舌気味にオールドタイプのITベンダーのOracleやMicrosoft、IBM、SAPなどをこき下ろすことも多かったが、今回はそのあたりの話はちょっとお休みという感じだった...

  • dboltanikawa.gif
    2013/10/31

    Microsoftが「デバイスとサービスの企業へ転換」するために必要なこと

    個人的な見解だが、クラウドサービスの本命はSaaSだと思っている。とはいえ、現状はIaaSのほうが市場では隆盛だろう。Salesforce.comのようなSaaSよりも、Amazon EC2やMicrosoft AzureのようなIaaSのほうが、情報システム部門には理解しやすく導入の敷居も低いのだ。とはいえ、IaaSが革新をもたらすのは、まさに情報システム部門の仕事の範囲。加えて、それをとりまくハードウェアベンダーやSI企業の業務がターゲットだろう。その範囲では、クラウドが世界を大きく変えると...

  • dboltanikawa.gif
    2013/10/21

    イベントの秋!さて、どれに参加すべきか

    先週の台風26号では、残念ながらかなり大きな被害が出てしまった。東京でも交通が大混乱し、朝早くに家を出たのに、会社に着いたのは昼頃なんてこともあったようだ。今週もさらに規模の大きな台風27号がやってきそうで、より一層の注意が必要だ。台風のような不安要素があると、イベント担当者は頭を悩ますことに。先週も17日木曜日に予定されていた記者発表会は、16日夕方段階で軒並み中止との連絡が入った。この中止の判断は、もちろん賢明なもの。とはいえ、担当者はぎりぎりまで悩み、その後は対処に奔走したはずだ。今週以降...

  • dboltanikawa.gif
    2013/10/16

    Oracleのクラウドビジネス成功の鍵はカリスマ ラリーの「次なる存在」か

    Oracle CEOのラリー・エリソン氏が、Oracle OpenWorldのキーノートセッションを土壇場でキャンセルした件で、日本でライブキャストを待ち構えていた五味さんがだいぶお怒りモードだった。では、サンフランシスコ現地はどうだったのか。雰囲気的には「お怒り」とまでいかなかったが、「やられた」「残念」という空気が蔓延。日本からの取材陣の、以降の取材、執筆モチベーションが大きくダウンした感は否めない。

  • koga.gif
    2013/10/15

    新米SQL Serverエンジニアを襲った「メモリが足りない」現象とは?!

    こんにちは。日本マイクロソフト Premier Field Engineeringの古賀です。今回から新しく始まる連載「今月のケースファイル」は、私がこれまでに扱った印象に残っている案件を紹介していきます。基本的に紹介する内容は事実に基づいていますが、脚色をしていますし、場合によっては一部実際に起きた内容と異なる部分があるかもしれません。あまり硬い内容にするつもりはないので、気楽に読んでもらえたら幸いです。これといって何か勉強できることがあるかはわかりませんが、ひょっとしたら、少しは教訓みたいな...

  • 5246_a.jpg
    2013/10/11

    マーク・ラスキーノさん、デジタルによる新しい時代ってどんな時代になるんですか?

     ガートナーといえば前回のドナ・スコットさんのお話にもすこし出てきた「ガートナーのハイプサイクル」をご存じの方も多いのではないでしょうか。エンタープライズITの世界ではおなじみのライフサイクル図として、さまざまなITトレンドの現状を示す際によく使われています。新しい技術が生まれ、話題になって持ち上げられたあとに、「思ったほど使えない」と幻滅したユーザから落とされる。でもちゃんと世の中に必要とされる技術であれば、ゆるやかにその評判は回復し、やがて"あって当然"の存在になるという...

  • 5237_a.jpg
    2013/10/09

    ドナ・スコットさん、クラウド市場でのAWSの優勢はまだ続きますか?

     10月15日から3日間に渡って開催されるガートナー主催の年次イベント「Gartner Symposium ITxpo 2013」では、国内外の著名アナリストによるセッションが数多く行われますが、今年は例年にも増して海外アナリストの面々が豪華です。

  • dboltanikawa.gif
    2013/10/07

    物理的なモノと連携、本気で「便利」を追求するEvernote

    以前にも、EvernoteについてはDB Onlineで取り上げた。そのEvernoteが目指しているゴールは、外部の「脳」を作ること。それにより人々が生活をしやすくし、仕事をやりやすくする。この外部脳というのは、自分用の外部データベースを作ることと言い換えてもいいだろう。じつはOracle OpenWorldと同じ頃、サンフランシスコではEvernoteのイベントも行われていた。そのイベントを受け、Evernoteからはいくつもの興味深い発表があったのだ。それらは、生活の中でよりスムースに情報...

  • dbolgomi.gif
    2013/10/03

    行ってもいないOracle OpenWorld 2013の感想は「オラクルにはクラウドよりヨットがお似合い」

    この連載もずいぶんとほったらかしにしてしまいましたが、季節はすっかり秋となりましたね。秋といえばエンタープライズITの記者にとっては怒涛の出張シーズン、でワタクシは現在、McAfeeの年次イベント「McAfee FOCUS 2013」の取材のため、だだっ広いラスベガスのホテルの一室で、これを書いております。年内はあと何回、出張あるんだっけ…。ちなみにFOCUSの記事はEnterpriseZineに随時掲載する予定ですので、興味ある方は読んでいただけるとうれしいです。

  • dboltanikawa.gif
    2013/10/02

    Oracle Team USA奇跡の逆転劇の裏にデータ活用あり―America's Cupふりかえり

    さて、先週のサンフランシスコからのOracle OpenWorldレポートはいかがだっただろうか。まだまだネタはたくさんあったので、おいおい追加取材などもしつつフォロー記事を挙げていきたい。そんな中、やっぱりこの件には少し触れておかないと。

  • dboltanikawa.gif
    2013/09/11

    ITでオリンピックを支え盛り上げたい/バックアップはアプライアンスの時代に

    2020年、東京オリンピックが開催されることになった。開催されるからには、経済的な効果も、オリンピック競技の感動も最大限となって欲しい。そのためには、福島の問題を確実にコントロールし、真に安全、安心なオリンピックとなるよう望むところだ。 現時点で観戦したい競技はあるけれど、オリンピックイベントに関わることはあまりなさそうだ。語学でも堪能であれば通訳ボランティアができそうだけれど、どうやらそれも難しい。せっかくITの世界にいるのだから、何かITの分野でオリンピックに貢献できないか。ITを活用し、オ...

  • 5091_a.jpg
    2013/09/05

    ORACLE MASTER Platinumホルダー4割の事業本部はこう作る-小野宏延さん

    株式会社富士通北陸システムズ(本社:石川県金沢市)は、富士通グループにおいてOracleデータベースの構築・運用で別格の存在である。中でも、小野宏延さんが担当部長として辣腕を振るうデータベースソリューション事業本部は、所属する約130名の4割に当たる50名ほどがORACLE MASTER PlatinumホルダーというOracleのスペシャリスト集団だ。

235件中81~100件を表示
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5