EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

著者情報

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター

    フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。

    Webサイト:http://emiekayama.net


執筆記事

  • arina.jpg
    2013/03/29

    ビジネスクリティカルな業務システムはこうやって仮想化せよ!事例と最新技術で紐解く仮想化対応

    仮想化テクノロジーをリードするEMCジャパン、ヴイエムウェア、シスコシステムズは3月15日、「ビジネスクリティカルな業務システムは仮想化すべきか?」と題したセミナーを開催した。本セミナーでは、ビジネスクリティカルなシステムの仮想化に関して、業界を先導するベンダーと成果を出しているユーザー企業が、それぞれの視点から導入課題や考慮点、最新技術などについて詳しく解説した。

  • 4639_a.jpg
    2013/03/18

    データベースに携わることは人類に貢献するということ―データベース界のラスボス登場!―喜連川優教授

     DBエンジニアを中心に取材を重ねてきた本コーナー。今回登場するのは日本、否、世界のデータベース界のラスボスと呼んでも過言ではない、おなじみ喜連川優教授。喜連川教授といえば、超巨大データベースに関する研究。これは、内閣府の最先端研究開発支援プログラムで採択された課題の中で、唯一IT分野からのプロジェクトである。研究者の立場でずっとデータベースに携わってきた喜連川教授は「ビッグデータ」という言葉が出る前からビッグデータを研究している。時折「スモールデータで何が悪いねん」「なんぎなもんですわ」と関西...

  • 4656_a.jpg
    2013/03/14

    Netezza改めPureData、従来比で性能3倍に―IBM PureSystems製品まとめ

    2月14日、日本IBMはPureData System for Analyticsの新モデルとなるN2001シリーズを発表した。従来モデルに比べて性能が約3倍向上したハイパフォーマンスモデルである。IBMは3月8日、顧客向けに「ビッグデータ活用のための「高度分析プラットフォーム」“実”体感セミナー」で新製品について解説した。IBM PureSystemsにおける位置づけや製品の特徴をあらためて整理しよう。

  • 6464_a.jpg
    2013/03/12

    OSSビジネスでは差別化を図り、貢献の競争に勝つこと

    3月5日、LPI-Japanは「エグゼクティブセミナー Linux/OSS-DBビジネスサミット 2013」を開催し、オープンソースソフトウェア(OSS)が導く新しいビジネスや成功事例について紹介した。OSSのビジネスを成功させるためのポイントとは何か。

  • arina3.jpg
    2013/03/06

    「オープンデータ」の普及で何が変わるのか? オープンデータとハッカソンの可能性と課題

    行政機関などが保持する公共データを外部に公開し、企業の新事業創出や社会問題の解決などにデータを有効活用することを目的とする「オープンデータ(Open Data)」に注目が集まっている。オープンデータで一体何が変わるのか、そのための課題とは何か。また、どうすれば具体的な効果が得られるか。オープンデータの動向と震災に関するハッカソンやWebサイト構築などの取り組みを例に、国内におけるオープンデータ普及に向けた現状と課題について、関係者が議論を交わした。

  • arina.jpg
    2013/02/22

    “テレマティクス”でクルマと社会をつなぐ-ビッグデータを活用したホンダの挑戦

    「テレマティクスは車と人と社会をつなげ、安全でグリーンなモビリティー社会を実現します」と本田技研工業株式会社 グローバルテレマティクス部 部長 今井武氏は話す。テレマティクスとは、車両情報機器とネットワークを融合させたシステムのこと。ホンダでは、カーナビを着々と進化させ、今では走行中の状態や位置を発信する機能もある。また、会員から集められた膨大なビッグデータ(走行履歴などのフローティングカーデータ)を活用し、減災や地域の安全に役立つ情報の提供や、東日本大震災では通行実績マップの公開などに役立てた...

  • 3551_a.jpg
    2013/02/18

    ユーザー企業の現場で働くDBプロは「自分が砦」の心意気!―大日本印刷 亀山潤一さん

    ITのスペシャリストというと表に出るのはソフトウェアベンダーやSIer所属のエンジニアが多い。ところが今回はユーザー企業に所属するデータベースのスペシャリスト、大日本印刷株式会社 C&I事業部 ITサービスマネジメント部 亀山潤一さん。ユーザー企業だと自社または顧客のためのシステムを開発・運用する立場となる。必要な機能を見極め、問題判別も行う。現場の責任を最終的に負う立場ゆえに「自分が砦である」との自負を持っている。

441件中421~427件を表示



All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5