Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「週刊DBオンライン 谷川耕一」連載一覧

244件中181~195件を表示
  • dboltanikawa.gif
    2014/05/22

    クラウドだからできた、あたらしいERPの世界

     先週は、米国シリコンバレーにあるサンノゼでのイベント「SuiteWorld 2014」に参加していた。これはクラウドERPのトップベンダー「ネットスイート」の年次カンファレンスイベント。ERPという基幹系システムをクラウドに載せるというチャレンジを同社は続けており、日本でのビジネス規模こそまだまだ大きくないがひたひたとシェアを伸ばしている。

  • dboltanikawa.gif
    2014/05/13

    「Twitterのすべてのデータを扱えるのは、世界でGnipとTwitterの2社だけ」―企業のソーシャル活用を支えるGnipをご存じですか?

     ビッグデータを活用して売り上げを向上しろ―そんな業務命令を上司から受けても、自社内にはビッグデータと呼べるようなデータはないというIT担当者もいるかもしれない。そんな際に目を付けるのが、facebookやTwitterなどのソーシャルネットが生み出すビッグデータだ。ソーシャルメディアのデータを分析すれば、何かが見えてくるのではと考えるIT担当者も多いかもしれない。

  • dboltanikawa.gif
    2014/05/08

    ビッグデータ活用の本命領域はデジタルマーケティング、そのアプローチはWebからか顧客からか

     ビッグデータという言葉は、ようやく世の中に定着した感がある。これまではどちらかと言えばビッグデータ活用のための、情報基盤を実現する技術部分に注目が集まっていた。企業にとって有効で具体的な情報活用方法や、企業の中で中長期に運用していくための方策などの情報は、まだまだ少ないのが現状だ。そんな中、今後ビッグデータ活用の具体的な事例として増えてきそうなのが、デジタルマーケティングの領域だろう。リスク管理にビッグデータを活用する例もあるが、企業業績を伸ばすという目的であればマーケティング活動でのビッグデ...

  • dboltanikawa.gif
    2014/04/30

    イェッター氏が語る、「IBM POWER8のここがすごい!」

     IBMがx86サーバービジネスをLenovoに売却というニュース(関連記事)は、IT業界に大きな衝撃を与えた。あのIBMがPCに続きx86サーバーも手放す。現状のハードウェアビジネスの難しさを、改めて認識させられることになった。とはいえ、50周年を迎えるメインフレーム「zEnterprise」と、POWERプロセッサを搭載する「Power Systems」については、IBMは引き続き注力する。自社で付加価値を提供しやすいハードウェアには、より一層力を入れていくと言うことだろう。

  • dboltanikawa.gif
    2014/04/21

    セールスフォース、新経営体制へ―鍵は「パートナー戦略」

     先週エンタープライズIT業界の話題をさらったのは、セールスフォース・ドットコムの新たな経営体制の発表だっただろう。長い間日本法人の代表取締役社長を務めていた宇陀栄次氏が取締役相談役に退き、新たに代表取締役会長兼CEOには日本ヒューレット・パッカード前社長の小出伸一氏が、取締役社長兼COOには日本法人でシニア・バイスプレジデントでエンタープライズ営業担当だった川原 均氏が就任する。

  • dboltanikawa.gif
    2014/04/16

    三社長三様、彼らは今後のIT業界をどうやって牽引していくのか

     先週は、エンタープライズITトップベンダー3社の社長の話を聞く機会に恵まれた。最初が、SAPジャパンの安斎富太郎社長。SAP HANAクラウドデータセンターが日本で開設したことを発表した。クラウドデータセンターの取り組みは、ジャパンだけでなくSAPトータルで力を入れているビジネスだ。日本が世界で4カ国目であり、アジアパシフィックでは初のデータセンターとなる。

  • dboltanikawa.gif
    2014/04/09

    先週、IT業界の話題の主役はマイクロソフトだった。

     先週、IT業界の話題の主役はマイクロソフトだった。米国サンフランシスコで開催された開発者向けコンファレンス「Build 2014」において、Windows関連の興味深い発表がいくつか行われたのだ。中でももっとも話題となったのが、Windows 8.1 Updateだろう。

  • dboltanikawa.gif
    2014/04/03

    いま、マーケティング分野のデータ活用が熱い!

     あっと言う間に4月になってしまった。消費税も上がり、企業業績の上向きには若干の不安材料もある。とはいえ景気のいい話もちらほら聞こえてくる。たとえば東京の西麻布界隈の街は、バブル崩壊以降かなり閑散としていた。それがここ最近はバブル期を彷彿とさせる盛り上がり見せているのだとか。こういう話を聞くと、今年度はちょっと期待しても良いのかなと思えてくる。

  • dboltanikawa.gif
    2014/03/24

    これからはインメモリデータベースが当たり前になる/構造のないデータなんて存在しない

     今回はDB Onlineらしくデータベースの話題を2つ。先週、マイクロソフトはSQL Server 2014がRTM(Release To Manufacturing)となり、4月1日から提供開始することを明らかにした。4月18日に新製品のお披露目イベントが開催される予定なので、日本でも間もなく正式版を購入できそうだ。

  • dboltanikawa.gif
    2014/03/17

    君はデジタルという名のドラゴンを飼い慣らすことができるか

     今週は、世界中のCIOが最新のITの世界をどう捉えており、この先ITの世界はいったいどうなっていくのかという話題を取り上げたい。この話の元ネタは、先日ガートナーが発表した世界77カ国2,339人のCIOに対して行ったアジェンダ調査の集計結果だ。調査に協力したCIOたちが扱うIT予算の合計は、日本円で30兆円くらいになる。

  • dboltanikawa.gif
    2014/03/12

    セキュリティ対策にも「ビッグデータ活用」の時代到来か

     今週はセキュリティの話題を。いまや、なんらかセキュリティ対策を行っていない企業はいない。とはいえ、これさえやっておけば完璧という対策は存在しない。

  • dboltanikawa.gif
    2014/03/04

    IBMのクラウド戦略は「Dynamic Cloud」―中核はSoftLayer

     先週は、IBMのカンファレンス・イベント「Pulse 2014」を取材するために米国ラスベガスに赴いていた。このイベント、以前はTivoliなどのシステム運用管理製品に関連するソリューションが中心だったが、今年からはそれが大きく変化しクラウドのイベントに。テーマも「The Premier Cloud Conference」となった。

  • dboltanikawa.gif
    2014/02/12

    IBMのソフトウェア戦略の鍵はWatson、クラウド戦略の鍵はハイブリッドでオープン

     先週は、IBM週間かというくらい発表が相次いだ。最初は、2014年のソフトウェア事業の戦略、続いてSoftware Defined Networkの新製品、そして3つめがクラウド事業戦略という具合。

  • dboltanikawa.gif
    2014/02/03

    EMCのライバルはAmazon Web Services/金融、公共などのインダストリー分野は好調の兆しあり

     ここ最近、各社が2014年の方針、戦略説明会的な発表を行っている。先週は、EMCが今年の方針説明会を開催した。EMCのビジネスは、ここ最近順調だ。世界のサーバーとストレージを合わせた事業部門の年間売り上げデータを見ても、ストレージしか提供していないEMCがHPに次いで2位を獲得。IBMが3位にいるが、先日の発表でPCサーバーを手放すとのことで、その差は広がりそうだ。

  • dboltanikawa.gif
    2014/01/28

    Oracleはクラウド「だけ」のビジネスには興味なし

     今週は、Oracleの話題を。先週、米国オラクル・コーポレーションのシニアバイスプレジデントでチーフ・コミュニケーション・オフィサー ボブ・エバンス氏が来日、最近のOracleのコーポレートメッセージを語った。彼は、いわゆる広報部門のトップ、CEOであるラリー・エリソン氏に直接レポートする立場にある。そして、Forbes.comに自ら定期コラムを執筆するなど、裏方の広報担当と言うよりも自らメッセージの発信源としても活動している。

181~195件(全244件)
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5