Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「クラウド活用」記事一覧

クラウド活用

655件中501~520件を表示
  • jp1.JPG
    2010/10/15

    クラウド時代におけるIT 投資の全体最適化を支援するJP1 V9.1

    企業のIT 投資は、抑制傾向が続いている一方で、仮想化やクラウド・コンピューティングなどコスト削減、効率向上を目的とした投資は積極的に行われている。しかし、これらの技術が導入された運用管理業務は、さらに複雑化・大規模化の一途をたどっている。 JP1 V9.1は、複雑化・大規模化するシステム運用を柔軟かつ効果的にサポート。特に、仮想化における運用管理の効率化には欠かせない機能が提供されている。

  • WEBSAM.JPG
    2010/10/13

    「安心・柔軟・快適」なクラウド環境を実現するWebSAM

    クラウド環境への移行は、ITリソースの柔軟な利用によってハードウェア調達コストを圧縮する一方、運用管理部門には、管理機器拡大によって新たな負担を強いることになる。そこで求められるのは、運用者と利用者の各視点での可視化と、障害対応や運用管理における制御(判断や改善)の自動化である。 NECでは、運用コスト増大の要因である性能問題への対応として、従来の監視ツールでは検知が難しいサイレント障害を独自技術で検知する製品を開発するなど、クラウド時代のシステム運用を強力に支援している。

  • Fujitsu01.jpg
    2010/10/08

    クラウド時代の運用管理~社内での実践を活かした先進機能の提供~

    コスト削減とビジネスのスピードアップの観点から、クラウドへの期待が高まっている。クラウドを活用したICTシステムの全体最適化は、仮想化、標準化、自動化の3ステップで段階的に進めることを提案している。富士通では、2008年度から国内外のソフトウェア開発拠点のインフラをクラウド化し、「沼津ソフトウェア開発センター」に集約した。その経緯と、実践から強化された運用管理ソフトウェアを中心にご紹介する。

  • arena.gif
    2010/10/06

    日本のクラウドセキュリティ事情

    クラウドコンピューティングの普及にあたって、避けて通れないのがセキュリティリスクとその対策である。想定されるリスクや対策については、すでにさまざまな企業、専門家、メディアから情報が発せられている。今回の鼎談では、情報セキュリティに関する専門家に集まっていただき、クラウドコンピューティングのセキュリティについて、企業としてどのようにとらえていくべきなのかを議論してもらった。

  • hp.JPG
    2010/10/06

    プロセス自動化でクラウド時代の運用管理を効率化するHP Software

    クラウド時代のIT 部門には、サービスマネジメントを意識したIT 運用が求められる。仮想化技術、クラウドサービスの利用で複雑化するIT環境をどのように効率よく運用しながらコストを削減していくかが日々の運用においては重要となるが、運用管理における最近の「自動化」技術はこの課題に応えることができる。 HP Software は、クローズドループ・インシデントプロセスとプロビジョニングの自動化を中心に、体系だったソリューションを提供している。

  • 2498_a001jpg.jpg
    2010/10/05

    クラウド時代に求められる運用管理とIT部門の役割

    SI市場において仮想化の勢いが衰えることはなく、導入企業は増加の一途を辿っている。しかし、大方の企業は限られた一部のシステムに仮想化を適用するに留まり、十分な導入効果を得るに至っていない。部分的な導入や試験運用を終えた企業にとって、今後は運用フェーズでいかに効果を引き出すかが課題となるだろう。今後本格的なクラウド時代を迎えるにあたって、仮想化の効果を最大化する運用のあり方とはどのようなものか、またIT 部門にはいかなる役割が求められるのかについて本稿で考察しよう。

  • arena.gif
    2010/10/05

    クラウドコンピューティングとリスクマネジメント

    クラウド、クラウドコンピューティング・・・最近、これらの言葉を目にする機会が多くなった。また、iPhoneやAndroid携帯等のクラウドサービスを使いこなすためのツールもたくさん出始めて、仕事や生活の一部としてどんどん浸透している。本稿では、クラウドコンピューティングとリスクマネジメントとの関係および、CSA日本支部としてのリスクマネジメントに対する取り組みを紹介したい。

  • arena.gif
    2010/10/04

    情報マネジメントの視点で見るクラウドコンピューティング

    グローバルな企業活動をサポートするためには、俊敏性と柔軟性を備えた情報システムが必須であり、クラウドコンピューティングの導入は避けて通れない。さまざまな技術と共に製品やサービスが紹介されるクラウドコンピューティングが注目を浴びている一方で、技術だけでなくコンプライアンスに即した企業情報システムとしてクラウドサービスや技術を導入することが求められている。

  • IBM01.jpg
    2010/10/01

    仮想化/クラウド時代のIBM サービス・マネジメント

    IBMはITがビジネスに貢献するには、サービス・マネジメントがポイントになると強調してきた。それはクラウド時代に入っても同様であり、システムが見えなくなる仮想化により、その重要性はさらに増していくことは間違いない。そうした流れに沿い、IBMのTivoliも運用管理ツール群から、サービス・マネジメントのためのプラットフォームへと進化してきた。ここでは、IBMが考えるクラウド適用のステップと、それぞれのニーズに対応したTivoli の例をご紹介する。

  • arena.gif
    2010/10/01

    クラウド時代の企業リスク

    クラウドコンピューティングは、2006 年にグーグルのCEOであるエリック・シュミットが発表したエッセイで語られた言葉だ。グーグル、アマゾン、セールスフォース、マイクロソフト、ヤフーの5つ企業が提供するクラウドサービスによって、世界中で必要なコンピュータリソースを賄うことができるだろうとの意見もある。クラウドコンピューティングによって、企業はITに関する設備投資や運用コストを削減でき、ユーザーは面倒なソフトウェアの設定やアップデートから解放され、電気や水道を使うように、コンピューターリソースを消...

  • 2529-1.JPG
    2010/09/22

    シンクライアントはデスクトップの仮想化を実現するか

    クラウドクライアントコンピューティングがクラウド化と仮想化の波のなかで注目されるようになってきた。サーバー側で仮想デスクトップを用意し、デスクトップにはシンクライアントを接続するだけというコンピューティング環境である。シンクライアント大手のWyse Technology社でマーケティングと戦略最高責任者を務めるジェフ・マクノート氏にインタビューする機会を得たので、その特色と用途についてレポートする。  

  • 2523_a.jpg
    2010/09/21

    「Datacenter as a Computer」の規模感を持つ米国系クラウド・プロバイダーに国内ベンダーはどう競合するか

    クラウドがメガトレンドとなっている中、日本国内のクラウド・プロバイダーはグローバルなIT市場において、どのように競合し、差別化要素を発揮していけるのだろうか。「ガラパゴス化」の危険はないのだろうか。本稿では、日本国内ベンダーが取るべきクラウド戦略について考えてみたい。

  • arina0.jpg
    2010/09/17

    クラウド時代に求められる運用管理の姿を「JP1 V9.1」から探る

    景気の回復がなかなか進まない今、仮想化やクラウドを導入し、コスト削減を図ろうという企業も多い。それを実現するカギを握るのが、運用管理ツールである。クラウド時代に求められる運用管理ツールとはどのようなものか。アイ・ティ・アールのシニア・アナリスト金谷敏尊と国内の運用管理ツール市場において大きなシェアをもつ「JP1」を提供している日立製作所 ソフトウェア事業部 JP1マーケティング部 部長の更田洋吾が語り合った。

  • 2496_001.jpg
    2010/09/16

    クラウドの新たな可能性を広げるAzureアプライアンス

    Windows Azureは、オンプレミスとのギャップが小さく開発者の参入敷居の低いサービスだ。さらに、パートナーや企業のデータセンターでもサービスを提供することで、一度作成したアプリケーションがどこでも動くというポータビリティ性が強化される。このWindows Azureの新たなパートナー展開の目指すところは何か、さらには今後の展望についてマイクロソフトの吉川顕太郎氏に話を伺った。

  • a.gif
    2010/09/08

    対立のジレンマを解消し、調和をもたらす問題解決手法「クラウド」

    プロジェクトの妨げとなる、さまざまな対立や不調和。ゴールドラットコンサルティング ディレクター日本代表の岸良裕司氏は、「PM Conference 2010 Summer」2日目の基調講演にて、これらを根本原因から解消し、共通目標の達成に向けたよりよい方法を導き出すことができる問題解決手法「クラウド」について説明した。

  • idcarena.jpg
    2010/09/07

    コンテナにクラウドつめて出かけよう~IIJさん 次世代モジュール型エコ・データセンター

    今回、我々編集部を待ち受けていたのは、データセンターというアイデンティティを根底から揺るがす一個の物体でした。コンテナ。そう、コンテナ。はたしてそれはセンターなのか?とりあえずお邪魔してきました、データセンターの旅。第3回目はIIJさんの登場です。

  • novel.jpg
    2010/08/30

    「クラウド時代のセキュリティ」 ~クラウド環境への展開時に潜む課題とは~

    ワールドワイドに事業を展開している企業ほどクラウド環境を利用している。その一方で、セキュリティ上の不安から、利用をためらう企業も少なくない。クラウドサービス事業者やデータセンターのネットワークやサーバーに置かれた自社の情報が外部に漏れたり、消えたり、改竄(かいざん)される恐れはないか。クラウドサービス事業者にセキュリティ・ソリューションを提供しているノベルが、その課題と解決策について解説した。

  • _.jpg
    2010/08/26

    ソーシャルメディアの台頭と溶解するグループウェア市場

    クラウド上での「コミュニケーション」、「コラボレーション」というテーマを調べていた時のこと、セールスフォース社の企業向けコラボレーションツール「Salesforce Chatter」を眺めていて浮かんできた疑問がある。「この製品は、どこにカテゴライズするとしっくりくるものだろう?」ということだ。

  • okomari_arena.gif
    2010/08/23

    ベンダーロックインでお困りでしたら!の巻

    ベンダーロックインかな?と思ったら → 1.ロックインを解いてくれる強力な他ベンダーを探す 2.乗り換える 3.ロックインされる 4.1に戻る 5.ほのぼのコンサルまんがです。

  • a1.jpg
    2010/08/19

    スマートフォン普及の鍵は「カレーライス化」?~NTTドコモの取り組みと企業クラウド活用

    クラウドの価値向上のためには、モバイルとの連携が欠かせない。そのニーズを受け、NTTドコモではGoogle Appsと連携するスマートフォンを多数発売予定だという。その活用により、ワークスタイルがどのように変わるのか。今後のスマートフォン戦略と併せ、株式会社NTTドコモの山本博昭氏が紹介した。

655件中501~520件を表示
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5