Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2008年07月のニュース

121~140件(全319件)

2008年07月09日

2008年07月08日

2008年07月07日

2008年07月04日

2008年07月03日

  • シトリックスと日立、仮想化×バイオメトリクスで協働

    シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社は、サーバー上でクライアントPCのアプリケーションを稼働させることで、アプリケーションの仮想化を実現する「Citrix XenApp (以下、XenApp(ゼンアップ)」を利用する際の本人認証として、世界で初めて、指静脈による認証が可能となるシステムを開発したことを発表した。

  • 世界で唯一のセキュアプログラミング能力試験、日本上陸

     The SANS InstituteとNRIセキュアテクノロジーズは1日、セキュリティに配慮したプログラミングの知識やスキルを認定する「GIAC Secure Software Programmer試験(GSSP試験)」を日本で開始すると発表した。

2008年07月02日

  • 日立とNTTファシリティーズがグリーンIで協業

    株式会社日立製作所と株式会社NTTファシリティーズが、省電力データセンターの構築において協業することを発表した。具体的には、両社がこれまで培ってきたグリーンITの技術やノウハウを組み合わせ、IT機器とファシリティが密に連係するデータセンターの省電力運用管理基盤システムを共同開発し、2009年3月の提供をめざす。

  • 中小企業の情報セキュリティ対策にアウトソースという選択

    富士ゼロックス株式会社は、中堅・中小企業向けのセキュア・ネットワーク・アウトソーシングサービス『beat(ビート)』の新機能として、DoS攻撃やトロイの木馬などによる不正な通信を検知、遮断できる「IPS」(侵入防止システム)を搭載し、提供を開始する。beatサービスで現在提供中の完全遮蔽式ファイアウォールやアンチウイルス、アンチスパイウエアなどと同時提供することで、今までは防御が困難とされていた巧妙なセキュリティの脅威についても対策を強化できる。

  • NECとNECソフト、自動検疫ソフト強化版を販売

    NECとNECソフト株式会社が、社内ネットワークに接続するPCを自動検疫するソフトを強化し「InfoCage PC検疫 V2.0」の名称で、販売することを発表した。

  • 日本IBM、「IBM Mashup Center V1.0」の日本語対応版を販売

     日本IBMは、企業内のエンドユーザーが社内で使用するアプリケーションを自分自身で簡単に作成できるソフトウェア製品「IBM Mashup Center V1.0」の日本語対応版を出荷することを発表した。先だって発表された「WebSphere sMash V1.0」と併せ、日本で初めて開発者向けからエンドユーザー向けまでの企業向けマッシュアップ製品群がでそろった。

121~140件(全319件)

月別アーカイブ

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年 7月 8月 9月 10月 11月 12月

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5